今週はアビィフォトスクール2!
少し日にちが経ちましたが、
前開催の菜美写真展「daily planet」が
25日で無事に終了致しました。

梅雨明け直後のモーレツな暑さのなか、
ご来場頂いた皆様、ありがとうございます。

ちょうど1年前に待望の個展開催を決めた菜美さん。
そこから四季の風景を意識して写真に収め、
今回の展示作品が完成しました。

旅の途中の車窓、ピンボケや手ブレの写真、
立ち止まってしっかり見つめた景色、というように、
動いたり止まったりの強弱が
音楽好きの菜美さんにピッタリな、
リズムやメロディのある展示になりました。

1枚1枚の季節感も作者のパーソナリティがよく表れた、
静かだけどしっかりとした強さを感じる内容で、
撮り貯めた写真のチョイスがとても素晴らしいと感じました。

ご覧いただいた多くの皆様にも、心に何か感じるものがあったと思います。
初個展ながら、内容にブレのない堂々とした展示でした!

しかも菜美さんは個展終了後も燃え尽き症候群になることもなく、
ふたたび何処かへ旅に出てしまいました!
こんどはどんな光景を私たちに見せてくれるのでしょうか?
菜美さんの今後の作品を楽しみにしたいと思います!

さて、本日から「アビィフォトスクール2」が始まります。
4月にも開催して好評だったワークショップ企画の第2弾です。

申し込み締め切りは受講希望日の2日前までとなっておりますが、
すでに開講が決まっている時間帯で、定員に空きがある場合は、
当日の受付も可能ですので、事前に電話にてお問い合わせください。

電話:06-6261-7383(担当:吹雪)
開講スケジュール:http://g-avi.com/aps2.htm
*開講予定の無い時間帯は不在もしくは閉店している場合もあります。
 作品搬入ご予定の方はご注意ください。
Date : 2010/07/30 Fri
展覧会のこと
GAW展パート7に行ってきました!
おととい、昨日と、臨時休廊期間を利用しまして、
兵庫県西脇市にて開催されているアートイベントの
「GAW展パート7」を観に行ってきました〜

GAWとは「ゴールデン街アートウェーブ」の略で、
新宿ゴールデン街のいろいろなバー店内や路地において
作品展示やパフォーマンスを行うイベントとして
1999年に始まったそうです。
GAW展のホームページ

以降、国内海外のいろいろな都市で開催され、
7回目の今回は、画家の横尾忠則氏が生まれ育った兵庫県西脇市で
7月25日から8月28日まで開催されます。
GAW展パート7の詳細ブログ

市街地各所の空き店舗や空き家の内部、
商店の外壁やシャッター、商店の内部などに
写真を中心とした、インスタレーションや絵画、彫刻、書道など、
いろいろな作家さんの作品が展示されていて、
地図をみながらそれらを訪ね歩くという趣向。

僕自身はGAW展のことは全然知らなかったのですが、
(というか、西脇市も知らなかった)
先週金曜日にTwitterでそのことを知って興味を持ち、
ちょうどアビィの臨時休廊期間と重なっていたので
急遽、西脇市行きを決めまして、
1泊2日のショート・トリップとなりました。

出発は7月26日月曜日。
JR大阪駅から高速バスにて1時間30分ほどで着きます。

今回はじっくり2日間かけて見学しようという事で、
高速バスの西脇停留所の真上にある
西脇ロイヤルホテルに宿泊しました。

バスで着いたらすぐホテルということでたいへん便利ですし、
展示のある市街地のど真ん中ですので
遠征される方はこちらを利用なさるとラクチンそうですね。

ホテルのロビーで配布されている公式マップを手に、いざ出陣!
具体的な展示風景を載せると、これから訪れる人の楽しみが減りますので
チョコっとだけお見せしたいと思います〜

20100728-1.jpg
空き店舗の展示会場。こんな感じでひっそりと来場者を待っています。
中はそれなりに廃墟廃屋の雰囲気で、
そこに佇む作品には、おのずと哀愁が漂っていたり・・・

20100728-2.jpg
夏の雑草が生い茂る工場跡地なんかにも展示してあったり、

20100728-4.jpg
創業昭和32年。この地で50年続く「喫茶ルポ」では
あの森山大道氏の展示が見られます。
リアル昭和なお店の内装と森山氏の作品が絶妙にマッチ。
マスターは84歳には見えないお元気な人で、
おいしいコーヒーをいただきました。

20100728-3.jpg
こちらは僕の大好きな写真家・尾仲浩二さんが展示している服屋さん。
ショーウインドウに、なるほど〜という感じでマッチしていました。

市街地での移動距離は徒歩だとけっこうタイヘンです!
マップと実際の距離感が最初はなかなか掴めず苦労しました。
しかも夏の暑い真っ盛りですので、水分補給を忘れずに〜!

でも、飲み物の自動販売機をあまり見かけなかったので、
自販機を見つける度に水かお茶を買っておくぐらいがベストです。
冷却シートやスプレーなどの熱中症対策グッズは
ドラッグストアやディスカウントストアで現地調達も可能です。

晩ご飯はホテルのディナーバイキングにも心惹かれたのですが、
やはりここはひとつ、地元のラーメン屋さんで!

20100728-6.jpg
壁紙がデビッド・リンチ風ですね(笑)

20100728-7.jpg
ちょっと甘みのあるスープで、おいしかったです!

お店の方や気さくな地元のオッチャンといろいろ雑談したりして
こういうのがぷらっと出掛ける旅の面白さだな〜と思ったり。

1日目で回れたのは19カ所!全部で50カ所近くあります。
2日目はフル稼働(当社比)で歩きまくります!

マップ片手に歩いていると、すぐそこだよ〜とか、
ご近所の方が教えて下さったりして、いろいろ親切にしていただきました。
お会いしたすべてのみなさま、ありがとうございます〜

20100728-5.jpg

20100728-8.jpg

20100728-9.jpg

20100728-10.jpg

20100728-11.jpg

空き店舗や空き家にひっそりと作品が飾られている感じ、
工場跡地をダイナミックに使った展示、
現役の店舗でその場所の雰囲気に馴染んだ展示、
いろいろな作品を観る事ができます。
(展示は少なくとも午前11時から夕方5時までは開いていました)

ギャラリーや美術館のように設備の整った、
作品を鑑賞するためのスペースで展示するばかりでなく、
こういう「ノイズ成分」の多い場所での展示というのも
作者の力量が問われますが、面白いものだと感じました。

やはり展示をするうえで大事な事は、
たんにその空間が広いとか狭いとかだけではなく、
「その場所から自分の作品で何を引き出すか?」ということですね。
そういう点で僕自身もすごく勉強になりました。

写真作品が全体でかなりの割合を占めているのも
こういうイベントではちょっと珍しいので嬉しいです。

それに、西脇のちょっと古ぼけた街並にもおおいにそそられて、
ホルガで11本も撮ってしまいましたよ(笑)
お金も体力もかなり底にきていた状態でしたが、
暑い中の強行軍を頑張っただけの甲斐がありました。

20100728-12.jpg
今回の旅のお供のマップたち。
公式サイトでPDFをダウンロードしたり、
市街地のGAW展本部やホテルロビー、商店でも配布されています。

注意点としては、自販機の事も書きましたが、
飲食店のある場所が分散していて、
食事のタイミングが難しいと思います。

「西脇まちんなか」イラストマップで
飲食店の場所と移動時間を考えて、無理のないように巡回して下さい。
お店が昼休みだったり定休日のこともあるので、
本部でもらえる飲食店ガイドブックが役に立ちます。

あと、大阪でこのイベントのことを知っている人があまりいなさそう。
たまたまアビィの周辺が知らないだけなのかもしれませんが、
バスにちょっと乗ればそう遠くはない所ですので、
この夏の旅行ネタに困っている人はぜひ行ってみてください!
なんだか、とっても夏休みな気分でした!
Date : 2010/07/28 Wed
イベント
臨時休廊とアビィフォトスクールのお知らせ
次回のアビィはワークショップ企画「アビィフォトスクール2」を
7月30日(金)〜8月1日(日)の日程で開催いたします。
(写真展示はありません。)


お好きな日にちのお好きな時間にお好きな講座を受講できます。

・写真相談 ・フォトショップ教室
・フィルムスキャン講座 ・展示物の作り方教室


各日程ともまだ空きがありますので、
ご検討中の方は受講日の2日前までに、
お早めにお申し込みください〜

「写真相談」以外はお二人まで受講できますよ!

現在の開講状況とお申し込みはこちら

上記ページの開講予定表にて開講がない時間帯は
ギャラリーを不在にしておりますので
作品搬入でご来場予定の方はご注意ください。
(搬入は講座中でも受付いたします)

なおDM配布でお越しの場合は恐れ入りますが
ビル1階の集合ポスト212号室へ投函をお願いします。

また、7月26日〜7月29日までは臨時休廊しますので
あらかじめご了承ください。
Date : 2010/07/26 Mon
そのほかの話
【東京】夏のホルガワークショップ2連発!
東京で8月に開催されるホルガワークショップを2つお知らせ致します!

●「レッツ☆トイカメラ」東京写真学園にて開催(渋谷駅前)
 8月19日(木)講義&撮影実習
 8月21日(土)講評会

 初日はホルガの使い方をレクチャーしたあと、渋谷近辺で撮影会。
 2日目は撮影会で撮った写真をみんなで観ながら講評会をします。
 講師はホルガ会主宰・吹雪大樹です。

(申し込み&詳細はこちら)
 *受付は終了しました

●「ナダール移動写真教室:ホルガデビューvol.2」

ナダール渋谷ホルガ会の合同企画です!
ナダール代表・林和美さんからの詳細のご説明です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お待たせしました!
昨年好評頂いたHOLGAデビュー第2回目です。
前回デビュー出来なかった方、ぜひ!

今やトイカメラはブームではなく、
カメラ文化の一部としてすっかり定着しました。
やはり、それだけの魅力があります。

そこでHOLGA の楽しさを、
さらに多くの人に知ってもらうワークショップをご用意しました。

世界最大級のHOLGA専門写真サークル/HOLGA会による
使い方レクチャーの後は、すぐに実際に撮影。

撮影中のわからない事は、すぐにご質問頂けます。

そしてなんと!お一人 にHOLGA一台、フィルム1本が付いてきます。
なんだかきっかけがなくてまだ持っていない人、
新しい事始めたい人、ぜひご参加ください。

夏休みの日曜、HOLGAで楽しんでください。


日時:8月22日(日) 14:00 - 16:00 (雨天決行)
場所:新宿御苑
集合場所/時間 :新宿門、インフォメーションセンター前/14時集合
定員:20名(先着順)

カメラ代金(フィルム代込):お選び頂くカメラによって下記の通り。
120Nをお選びの場合、6,500円(税込)
120GFN-Wをお選びの場合、9,000円(税込)
(いずれもフィルム1本付)

応募方法

  ナダール渋谷へメール( tokyo@nadar.jp )にてご応募下さい。
  120N、120GFN-Wのいずれか希望の機種を明記してください。

協力:HOLGA会


みなさま、ふるってご参加ください!
お待ちしております〜
Date : 2010/07/21 Wed
イベント
旅と四季と毎日
まずは前開催「廃景●7」が日曜日で無事に終了いたしました。
今年もたくさんのご来場をいただきありがとうございます。
週末は混雑で見づらい時間帯もあり、ご迷惑をおかけしました。

一時期は廃墟ブームということで
各種メディアがいろいろと話題として取り上げ、
廃墟で写真を撮って公開するWebサイトが乱立した頃もありましたが
そういった動きも今はいくぶん穏やかになって、
自分の写真表現活動のしっかりとしたモチーフとして
情熱をいまだ傾ける人たちが良い作品を発表するという、
ジャンルとして成熟したある種の状態に差し掛かったように感じます。

いっけん誰が撮っても同じにしか写らなさそうな廃墟写真ですが、
廃墟という空間を通して増幅させる作家の世界観と
観る人の欲求・記憶・感情が見事にシンクロした時は
ほんとうに心に残る深い味わいの写真へ変貌することも多々あります。

そういう出来事は写真作品全般で理想となることですが、
廃墟写真にはそういうシンクロがよく起こります。
人の心の奥深くに眠る何かを
呼び起こしやすい要素があるのだと、そう思います。

20100720-1.jpg
さて、本日からはガラッと雰囲気を変えまして、
菜美写真展「daily planet」が始まります。

菜美さんはアビィが開業した2005年から
トイカメラ月間、それぞれの生活、たびフォトなど、
毎年いろいろな企画展に定期的に参加なさってきた作家さんです。
お名前や作品を覚えてらっしゃる方も多いと思います。

20100720-2.jpg
そんな、まさにアビィ生え抜きの作家さんである菜美さんが
長年の相棒であるトイカメラ「LOMO LC-A」と共にすごした
「春・夏・秋・冬に見た光景」をテーマに写真展を開催します。
もちろんこれが初個展!

20100720-3.jpg
四季がテーマ、といっても、
パーッと激しく季節が移り変わっていくような
カレンダーの写真的な、絵巻物的な、
そういう壮大さはぜんぜんありません。

しかし、菜美さんの描く世界は、ものすごく静かに、
でも確かにハッキリと季節が巡っています。

観終わったあとにジンワリとくるミュージックビデオのような、
なんだか音楽が聞こえてきそうな写真たちです。

20100720-4.jpg
初個展にして32枚組み!日曜日までの開催ですよ!
ボリュームたっぷりの展示空間をお見逃しなく!
Date : 2010/07/20 Tue
展覧会のこと