トイカメラ祭り2週目!
まずは前開催「トイカメラ写真月間2012:セッション」が
日曜日で無事に終了致しました。
ご来場頂いたみなさま、ありがとうございます!

総括は次回のアビィ日誌で申し上げるとして、
トイカメ月間は本日から後半戦の「セレクション」が始まります。

20120626-1.jpg

いろんな作品が集まって和気あいあいという前半から打って変わって
後半は作家1人が壁半分を使ってミニ個展をするというテーマで、
6名による8作品がドドーンと並んでおります!

20120626-2.jpg

先日ポケデジで個展開催のテ ラ ダ マ リさんをはじめ、
来月7/17からLOMO LC-Aで個展開催の菜美さん、
さらに10/9からHOLGAで個展開催の岡 嘉太郎さんなど、
まさにアビィ・トイカメラオールスターズという布陣!

20120626-3.jpg

「トイカメラの写真って○○でしょ?」そんなこと思ってませんか!?
そんな方のアタマにガツーンとくる展示になっていたら嬉しいです。

20120626-4.jpg

日曜日までの開催となっております。
みなさま、お見逃しなく〜!!!
Date : 2012/06/26 Tue
展覧会のこと
トイカメラ祭り1週目!
まずは前開催「南船場フォトウォーク2012」が
日曜日で無事に終了致しました。

これまでの来場者記録・399名を大きく塗り替える、
なんと!529名もの方々のご来場を頂きました。
お馴染みの方も初めましての方も遠方からの方も、
ほんとうにありがとうございますー!

南船場にいろんな写真ギャラリーがある。
写真を撮るだけでなく展示する事もできる。
展示した写真を見てもらって意見を聞ける。
そして写真がもっと面白くなる・・・!

出展者、来場者、それぞれのみなさんに、
何か新しいキッカケをもたらすことができたなら
1回目の開催として、まずは目的を達成できたと思います。

アビィの展示では12名中10名が初のアビィ出展でした。
他のギャラリーで活躍される作家さんによる展示が主になって
いつもと違った雰囲気のギャラリーになって面白かったです!
当然ながら、ご来場頂く方も、初めてお越しのケースが多く、
いろんな点から人と作品の交流が生まれていく様子が嬉しかったです。

新しい刺激を与え続けるイベントとして
2回目、3回目と、今後も開催していければと思っています!
みなさまのご声援をどうぞよろしくお願い致します〜!

20120619-1.jpg

さて、ギャラリー・アビィでは本日から
「トイカメラ写真月間2012:セッション」を開催します。

毎年恒例!トイカメラ祭りの前半戦は
みんなでトイカメラセッションしよう!ってカンジで
いろいろなトイカメラ作品を展示致します!

20120619-2.jpg

フィルム、デジタル、いろいろな世界が集まりました。
キレイなものからビックリするものまで、
カメラがシンプルだからこそ作者の個性が色濃く表れます!

なお今開催からギャラリー・アビィでは
ビスタクエストジャパンの正規取扱店として
トイデジカメの王道!「VQシリーズ」を販売開始します!

20120619-5.jpg

・VQ1015entry(レッド・ブルー・ブラック・イエロー)4200円(税込)
・VQ1015R2(スカイ・ライム・スノウ・モモ)5040円(税込)

貴重品のentryレッドもありますよー!
大阪での店頭販売はアビィだけ!
欲しい人はお急ぎくださいー!!

20120619-6.jpg



また、廊下ギャラリー/プチ・アビィでは
毎度おなじみ、デジタル針穴写真の巨匠、篠原幹尚さんによる
「HARIANA DE SKETCH」展も本日から開催!
デジタル+針穴写真という驚きの組み合わせを体験してください!
(会期等くわしくはプチアビィHPをご覧下さい)

20120619-4.jpg

というわけで、トイカメラ月間2012:セッションは
日曜日までの開催となっております!
みなさま、お見逃しなくー!
Date : 2012/06/19 Tue
展覧会のこと
未来につなげる、フィルム写真
まずは前開催、テ ラ ダ マ リ写真展「昨日と明日のあいだ」が
日曜日で無事に終了いたしました。
会期中はたくさんのご来場をいただきまして、
まことにありがとうございますー!

テラダさんは1年少々ほどの間にわたって、ほとんど毎週欠かすことなく、
ポケデジで撮った色々な写真を僕に見せてくれていたのですが、
そんなことが積み重なって、今回の個展に繋がりました。

3つの大きさのパネルが緩やかに上下に波打ちながら
出っ張ったり引っ込んだりして奥行きを与えられ、
ある壁にはゆったり並びと、ある壁には窮屈に集まる・・・
そんな独特な展示風景が、作者の微妙な内面の移ろいを
見事に表現していたと思います。

これからもテラダさんの描く世界を、カメラを問わず、
いろいろ見せてもらえたらな、と思います。
と、思ったら・・・実はさっそく、
今週のアビィと2週間後のトイカメラ月間後半に参加!
みなさまも引き続き、テラダさんの新作にご注目ください!


20120612-1.jpg

さて、本日からは「南船場フォトウォーク2012」が始まります。
大阪の写真のメッカ・南船場に集まる4つの写真ギャラリーが
共同で初めて開催する写真展示イベントです!

1回目の今年はフィルム写真をテーマにして
一般公募で集まった60名のメンバーが
なんと抽選で4つの会場に分かれて展示します。

20120612-2.jpg

知らないギャラリーで、とか、
展示したことのないギャラリーで、とか、
あのギャラリーの常連作家さんが違うところで、とか、
メンバーが見事にシャッフルされた感じで
それぞれの会場に新しい風を吹き込んでくれると思います!

4つのギャラリーを巡ってスタンプを4つ集めますと、
ステキな缶バッジもプレゼントいたします!(数に限りがあります)
いずれの会場も徒歩10分圏内ですので、
ぜひぜひコンプリートしてみてくださいね!

20120612-3.jpg

老若男女問わず、超ベテランから初展示の人まで、
ほんとにいろいろな人の写真を各会場でご覧いただけると思います!
各会場の場所、営業時間は公式サイトでご確認をお願いします!

20120612-4.jpg

ギャラリー・アビィは6月17日夜7時まで営業です!
みなさまのご来場をお待ちしておりますー!
Date : 2012/06/12 Tue
展覧会のこと
吹雪手帖その134「2012年個展への道(8)」
吹雪手帖その134
「2012年個展への道(8)」

20120606.jpg

すっかり日にちが経ってしまいましたが
5月13日で個展「焦げる風景」が無事終了しました。

2週間で268名の方々にご覧頂きました。
大型連休などでお忙しいところ、
たくさんのご来場ありがとうございました!

そして写真集をお買い上げくださった皆さまにも
改めて御礼申し上げますー!

もー、個展のあとが忙しくって忙しくって!

上半期一番の大仕事「それ活」も
おかげさまで無事に終わりまして、
個展のコトを振り返る余裕がやっとこさ出来ました。

まー、その前に、去年の個展3部作も
自分の中でまだまだ消化が終わってない気もします。
なんせ1年間で正味4回も個展した具合なので
(5月、8月、12月、5月・・・)
そりゃ忙しかったか・・・

でもそんなぐらいでヒーヒー言ってたら
上には上がいますので(帝塚山の人とか、笑)
もっと高いステージを目指せるように
いろいろな事柄において体力をつけなければと思います。

で、さて、「焦げる風景」のことです。

昔から僕の作品を見てもらってる方には
たぶん懐かしい感じがする作風に見えただろうし、
ここ2、3年の作品から見てもらっている方には
去年の3部作を経て新境地開拓!という感じだろうし・・・

僕が主題としていなかった
「エロい」という評判が先行してしまったので、
受け取られ方は様々な具合でしたが、観る人それぞれに
興味を感じてもらえるポイントがたくさんあったようで、
そういうモノを作れたコトが嬉しかったです。

ま、期待してもらっていた味付けとちょっと違っていたにしても、
出てきた料理に文句はつかなかったような気がします。

でもそれは言い換えると
ちょっと平凡な出来映えだったのかもしれないですが・・・

南船場の写真魔人の面々には
「今まででいちばん写真に近づいた」と言われました。

僕がこれまで作品の根本としていた
明確な流れやストーリーをやめて、
映画のように作る写真ではなく、
写真を写真として展示したからだと思います。

なので、2006年から自分の写真表現として取り組んできたことを、
全部白紙にしてやり直してしまったことになるのですが、
このシリーズに関しては、素材の物量に起因する労力以外は、
創りだす事自体になんの苦労も感じず、
むしろたいへん楽しく気持ちよく
自信を持って取り組むことができるようです。

それがいいことなのか悪いことなのか、
もう先が見えてしまったのか、まだなんとも言えませんが、
しばらくこの世界を追究していかねばと思います。

デジタルホルガの普及?も、この個展の途中から、
いろいろな人が取り組みはじめたハナシを多方面から伺いまして、
なんにせよ人に影響を与えられたことは素直に嬉しいと思います。

でも、ホルガが便利になったと思うか?
デジカメが不便になったと思うか?

もともと何に取り組んでいたかで
飽きられ方がぜんぜん違うと思いますし、
何かしらのレタッチをすることが前提の世界になると思うので、
使い続けられる人は少ないかもしれません。
そしてそれは、フィルムホルガでも同じ事ですね。

けれど、ホルガを使い続けて生き残った人には
自分にしか描けない世界を見せてくれる確約があります。
そこはデジタルホルガでも変わらないことだと感じます。

というようなわけで、自分にとっての
「デジタルホルガとフィルムのホルガの使い分け」が
ハッキリ判りました。

ここ最近の写真表現の延長線上はデジタルホルガで進め、
そしてノスタルジィと幻想を追究するのがフィルムホルガ、
そんな感じなんじゃないかと思います。

実はフィルムホルガでの撮影も先日から再開し、
まあなんて気楽なカメラなのかしらと惚れ直しているところです。
あー、我ながらアマノジャクですねぇ(笑)

次の個展は年末です。
12月11日〜16日の予定です。

内容は未定。ホルガかもしれないし、
そうではないかもしれません。
やっぱりやらないかもしれません。

とにかく、この個展を経験して、
自分が取り組むべき3つのコトを改めて認識しました。
フィルムホルガ、デジタルホルガ、そして、アレ。

やっぱり、誰かのためじゃなくて、
まず自分のためにするのが芸術なのではないかと。

それが結果的に誰かのためになったらいいんだろうな・・
最近そう思います。
Date : 2012/06/06 Wed
吹雪手帖 > 2012年個展への道
目の前に広がる安定感のない曖昧な世界
まずは前開催「それぞれの生活2012」が
日曜日で無事に終了いたしました!

2週間のロング開催でしたが、
たくさんのご来場を頂きまして
まことにありがとうございましたー!

今年は過去最高となる1126枚の写真が集まって、
ギャラリーの中で貼ったり吊るしたりできるあらゆる場所を活用し
過去に例を見ない超高密度展示になってしまいましたが
それだけこの展示のことが広まってきたのだなと、
着実な成長を改めて感じることができました。

「日常を共有する」ということに関しても、
細かいコンセプトのことまではすぐに判らなくても
「なんだか面白そう!」とスンナリと受け取ってもらえることが
数年前に比べてずっと多くなったのも素直に嬉しいですね。

去年の3月3日に生まれた赤ちゃんは1歳になり、
4月4日に入籍したご夫婦は2年目の記念日を迎え、
5月5日はスーパームーンをたくさんの人たちが見上げ・・・

みんなが迎えた小さな時間の繋がりが
この世界を作り上げているということの素晴らしさを
今年も多くの方々にご覧いただけたと思います。

来年はとうとう8周年!(油断はできないですが・・・笑)
「それ活」はもちろん同じスタイルで今後も続けたいと思っています!

今年ご参加頂いた方々、今年初めて展示を見てもらった皆様、
来年の3−3、4−4、5−5もどうぞよろしくお願いいたします〜!


20120605-1.jpg

さて、本日からはテ ラ ダ マ リ写真展「昨日と明日のあいだ」を開催します。

20120605-2.jpg

企画展でもおなじみのテ ラ ダさん、
最近の展示は「ポケデジ」の写真中心ですが、
ご自身2回目、アビィで初となるこの個展の作品も
すべてポケデジで撮影されています!

20120605-3.jpg

ポケデジはなかなか面白い写り方をするデジカメですが
個性が強いぶん、自分の作品になるまで使いこなすのは
けっこう難しいカメラじゃないかと思います。

20120605-4.jpg

低画素センサーの曖昧な写り、ノーファインダーの不確実な切り取り・・・
テ ラ ダさんの描きたい世界を写し出せるのが
ポケデジというカメラだったのではないかと僕は思います。

日曜日までの開催となっております。
また、土曜日のみ夜8時まで営業時間延長致します。

みなさまのご来場をお待ちしております!
お見逃し無く〜!!
Date : 2012/06/05 Tue
展覧会のこと