梅雨の季節感を楽しむ
まずは前開催「トイカメラ写真月間2009」が
先週のLOMO LC-Aの展示をもちまして、無事に全日程終了いたしました。

今年もいろいろな工夫をこらしたトイカメラ作品が集まり、
トイカメラによる写真表現の定着と発展を感じました。

そしてまだまだトイカメラのことをご存じない方も多いことが判り、
さらなる普及周知と「表現としての次元」を高めていくことが
トイカメラの世界に今後必要なアクションだと、あらためて思いました〜

節目の5回目を終え、来年は新たな内容で
トイカメラ写真月間を運営していくつもりですので
みなさまにはこれからもますますトイカメラにハマっていただきたい!
と、そう強く思います〜!

さて、本日からは「降ったり曇ったり」が始まります。
今までありそうでなかった「天気が悪い状態」モチーフの作品たち・・・

20090630-1.jpg

真夏のような日々が続いていた大阪方面も
この展示の開催と合わせるかのように
昨日からようやく梅雨らしい雨が降り始めました。

20090630-2.jpg

「梅雨」という季節感を表現した写真・イラスト作品を眺めれば、
ジメジメした蒸し暑さもちょっと和らぐ・・・かもしれませんね〜

20090630-3.jpg

日曜日までの開催となっております。
当分、雨降りのお天気のようですが、それにも負けず!
みなさまのお越しをお待ちしております〜
Date : 2009/06/30 Tue
展覧会のこと
2眼レフホルガ:試写!
2眼レフホルガ試写ぶんの現像が上がってきましたよ〜

といっても、カメラそのものは前のままですから
写りに変わりはないと予想されますが・・・(笑)

20090627-1.jpg

20090627-2.jpg

20090627-3.jpg

20090627-4.jpg

丸いファイダーでの構図決めですが、
トンネル効果で丸く写るんだし・・・なんて思えば割と自然でした。
水平も意外にキメやすかったです。

ただ、両目でファインダーをのぞくと旧型のルビテルみたいな感じで見づらく、
僕は片目をつぶって利き目で見てました。

ファインダーでピント合わせが確認できないことに異論もありそうですが
この小さなファインダーではどのみちピントも判りづらいので
旧型のルビテルのようにフラストレーションの元になるかもしれず
結果的に妥当な判断&設計なのではないかと感じました。

ファインダーから見える範囲はいちおう6x6ぶんキッチリあるようです。
撮った時の構図との狂いはほとんど無いように感じます。

それと、ピントに関してですが・・・
なんだか回したぶんだけちゃんと変わっている感じがします。
いままでにホルガを触った感じではあまりなかった現象です。
なにか改良が加えられているのでしょうか??

20090627-5.jpg

ちなみに、ガラクタ箱に木製グリップが余ってたので
くっつけてみたら、不必要にイカツクなりました(笑)
でも、これ、かなり持ち易く&シャッター押し易くなりました。

さて!
まだいくつか検証したいこともあるので
梅雨の晴れ間を狙って試写を続けたいと思います〜!
Date : 2009/06/27 Sat
新製品情報
2眼レフのNEWホルガ登場!
20090625-0.jpg

先日、外国からの小包がアビィに届きまして・・・

中を開けてみますと・・・

20090625-01.jpg

おおおおっ!
こ、これはっ!!

20090625-2.jpg

ウワサのNEWホルガではありませんか!
その名を「HOLGA TWIN LENS REFLEX」
新製品の二眼レフホルガですっ!

ホルガはホルガの形のままでどこまで進化できるのか!
その答えを実にわかりやすい形で実現してくれました!

20090625-3.jpg

実はこのたび、HolgaLimited社のご好意により
テスト機をご提供いただいたのです!
ありがとうございますっ!

このホルガはガラスレンズのHOLGA120GTLRです。
プラスチックレンズはHOLGA120TLRになります。
いずれもカラーフラッシュ搭載型です。

20090625-4.jpg

はやる気持ちを抑えつつ、ファインダーのフードを開きます。

20090625-5.jpg

予想に反して(?)たいへんシッカリとした造りです!

20090625-6.jpg

なんと!ファインダーは「丸い」!!
やはりホルガです。一筋縄ではいきません。かなり驚かされます!!

ちょっと斜め角度から見ると、うまく見えないのですが、
垂直真上から見る限りではかなり明るく、
大変見易いファインダーであると思います。

しかし、残念ながらファインダーレンズは固定なので
ピント合わせは出来ません・・・二眼レフというよりも
ウエストレベルファインダーのホルガ、と思いましょう。

ま、そもそもホルガ自体がピントは・・・なカメラですから
ピントを合わせるという行為に執着するのは
あまり意味のないことかもしれないので
この割り切った仕様はある意味、適切な判断と言えます。
画角に関しては、6x6サイズぶん、ちゃんと出ている感じです。

20090625-7.jpg

もちろんフードの一部を倒すと、透視ファインダーにもなります。
このあたりはちゃんと基本を押さえていますね!

それと、もうひとつ!
画期的な改良が加えられています!

20090625-8.jpg

20090625-9.jpg

なんと!これまでフェイクに等しかった絞りが
ちゃんと切り替わるようになりました!
発売27年目にしての驚きです・・・

で、実は本日、梅雨の晴れ間(でも大阪はすでに真夏)を利用して
テスト撮影をやってみました!まだ現像待ちですが・・・

使ってみた印象は、やはり今までとは全然違うカメラ!
ウエストレベルファイダーで「ホルガする」のがとても新鮮です。

とにかく僕自身は二眼レフや中判一眼レフのような、
左右逆像に見えるカメラがたいへん苦手だったのですが
こいつは「ファインダーが丸い」という時点で脱力感満載!
ヘンなチカラも入らず、あっという間に12枚撮り終えました。

写り方そのものは、従来のホルガと変わりはないと思いますが
撮り方のスタイルが激変する感覚がたいへん面白いホルガです。

現像があがってきましたら、ファインダーの画角のこと等も含めて
ふたたびレポートしたいと思います!

乞うご期待!

試写編はこちら
Date : 2009/06/25 Thu
新製品情報
4週目はファイナル!
まずは3週目「トイカメラバトルロワイヤル」が
日曜日で無事に終了いたしました。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございます〜

基本性能が限られたトイカメラだからこそ、
自分が表現したいことを実践するために
そのカメラが持つ特長を巧く引き出しつつ作品づくりに取り組む・・・
トイカメラ写真のキホンが詰まった展示だったと思います!

さて!

ついにトイカメラ写真月間2009も
今週でファイナルの展示となります。

4週目は「ロシアの秘宝?LOMO LC-A」と題しまして、
ロシアのレニングラード光学機器合同会社が産み出した
ホルガとならぶトイカメの代名詞的存在である
「LOMO LC-A」の特集をお送りします〜!

20090623-1.jpg

20090623-2.jpg

日本でも早い時代からクラブカルチャーと結びつき、
若者の間で注目を集めたLC-Aの活躍なくして
現在のトイカメラブームはありえなかったはずです。

20090623-3.jpg

いわゆる「ロモグラフィー」のお手本ともいえる写真から
いっけんLOMOっぽくない渋めの写真まで、
今週もいろいろな素晴らしい作品が集まりました!
展示空間もかなり大胆にレイアウトしています!

20090623-4.jpg

日曜日までの開催です。
トイカメ月間ラストウィークをお見逃しなく〜!!
Date : 2009/06/23 Tue
展覧会のこと
トイカメ月間・3週目は「なんでもアリ」
まずは2週目の「ピンホール&ポラロイド」が
日曜日を持ちまして無事に終了致しました。
たくさんのご来場をいただき、ありがとうございます〜!

色々な工夫がされた出展作品のオンパレードで、
感想の量も、ものすごい分厚さ!
たくさんの方のココロが動いた展示となりました!

ポラロイドの色や質感を初めてご覧頂いた方、
めくって剥がすポラロイドもあったり、
外部電源使用で実際に動くSX70から作品が出てきたり、
工具箱や筆箱などで作った驚きのピンホールカメラがあったり・・・

写真と言うのは、まずカメラありき・・・
どんなカメラをどのようにアレンジして使うのか・・・
そういうことを自由に考えて実践できるのが
トイカメラの面白さなんだな・・・と、改めて思います!

さて、本日から3週目!
「トイカメラバトルロワイヤル」が始まります。

トイカメラはロモやホルガだけではありません!
いろんな名脇役のトイカメラがアビィに結集して
写真で大暴れする!というのがコンセプトです(笑)

20090616-1.jpg

20090616-2.jpg

20090616-3.jpg

トイカメラ表現の奥深さを、さらに実感できる3週目!
なにかと毎年、いい作品が揃う週でもあります。
今年も期待通りの素敵な展示空間が完成しました〜!

20090616-4.jpg

日曜日までの開催となっております!
お見逃しなく〜!!
Date : 2009/06/16 Tue
展覧会のこと