廃墟の細部に宿る静寂(後編)
廃墟写真企画展第5弾「真●廃景」の前半A組が終了しました。
いつもの企画展では展示できない大サイズの作品を
じっくり堪能していただき、今年も好評となっております!

本日から後半B組が始まります。
先週よりもさらにダークで色鮮やかな怪しい気配に
アビィ全体が包まれています!

20080729-1.jpg

20080729-2.jpg

20080729-3.jpg

日曜日までの開催です。
みなさま、今週もお見逃しなく!!!
Date : 2008/07/29 Tue
展覧会のこと
廃墟の細部に宿る静寂(前編)
まずは前開催「アビィシネマPART2」が無事終了しました。

写真スライドショウ中心のこじんまり8本立てでしたが
たくさんのほんとに分厚い感想の束ができました。
ご来場頂いたみなさま、出展作家の方々、ありがとうございます。

初映像作品!という作家さんも今回は多く、
写真と映像、似ているようで全然違う表現方法とその可能性を
観る側も創る側も感じていただけたと思います。

秋にもスライドショウのみの展示を予定しています。
我こそは!という方、新しい表現分野に踏み入れるチャンスですので
ぜひぜひ参加してみて下さい〜!

さて、本日から夏の恒例企画第1弾!としまして
今回で5回目となる廃墟写真展「真●廃景」を開催します。
実はアビィで最初に募集した企画展が「廃景シリーズ」なんです。
まさに伝統の企画展!今年も力作が揃いました。

20080722-1.jpg

今回、作家ひとりあたりの展示面積は
横幅1メートル・高さ2メートルまでの大サイズです。
いつもの企画展はA4用紙4枚分の大きさですから
これはとてつもなく広い展示面積なんです。

20080722-2.jpg

つまり、写真1枚1枚を大きくする事ができるので
写真から伝わる迫力がおのずとから違ってきます。

20080722-3.jpg

廃墟の細部に宿る静寂を存分に堪能できる展示となっております。
今週は前半A組、来週は後半B組の、展示入れ替え制ですので
2週続けてぜひご来場ください。見逃せませんよ!!
Date : 2008/07/22 Tue
展覧会のこと
「デジキャパ8月号」掲載
media_degicapa_1.jpg

学研から7月20日発売の「デジキャパ!8月号」の
Q&Aコーナーにて、トイカメラに関する作例を掲載いただきました。
ありがとうございます!

media_degicapa_2.jpg

夏のデジイチ使い比べ特集、何を買うか迷ってる人必読の内容です!


公式サイト
Date : 2008/07/20 Sun
メディア掲載
吹雪手帖その45
吹雪手帖その45
「はじめての個展」

ポートフォリオ作成のために
古い写真データを整理していたら
僕にとって初めての個展の展示風景が出てきました。

20080716.jpg

タイトルは「VIVA☆HOLGA!」
開催期間は2001年11月8日〜23日
会場はGUILD GALLERY(当時は扇町に所在)

タイトルどおりホルガの写真展です。
もう今から7年前の事です。

当時はまだホルガ会もなかったし、
アビィも当然ありませんから、
この個展のことを知らない方も多いです。

当時はまだ異端視されていたトイカメラ写真。
それを現代美術のギャラリーで
大きく取り上げてもらえることに驚き、
観に来ていただいた多くの方に
トイカメラ写真の面白さが伝わったことに喜び、
そしてこの展覧会がキッカケとなり
新聞や雑誌やテレビのメディアから取材をうけ、
本当にさまざまなことを経験しました。

20080716-2.jpg

この個展をすることになったキッカケは
ものすごーく色んなストーリーがあって
それはまた別の機会に書きたいと思いますが
この時にギャラリーのディレクターの方と
メールや打ち合わせで交わしたさまざまな事柄が
ギャラリー運営者という今の僕の生き方の
方向性を決定づけるものになりました。

20080716-3.jpg

もっといろいろ写真があったはずなんですが
ネガもどこかに紛失して(当時デジカメなし)
この時のDMも展示物も何も残っていません。
かろうじて、7年前のスキャナで取った
この3枚の画像だけが残っていました。

しかし、メールの履歴には個展開催に至る
いろいろな熱い(?)やりとりが残されています。

今でも時々、自分が道に迷いそうになった時は
そのやりとりを読み返して、志を新たにしています。

いろいろ懐かしい画像も他に出てきたので
またの機会にご紹介したいと思います。
Date : 2008/07/16 Wed
吹雪手帖 > 全般
アビィシネマふたたびロードショー!
まずは先週の「110テン」が日曜日で無事終了いたしました。
たくさんのご来場をいただき、ありがとうございます!

最近買ったカメラで撮った作品もあれば
お家にあった古いカメラを発掘!して撮った作品や
全盛期の80年代に撮影されたビンテージフォト!まで
いろいろなエピソードのある展示になりました。

廃れて行くフィルムフォーマットはやがて消える運命にありますが
いま少しでも多く使って110フィルムの再認識を広げる事ができれば
運命の日は少しずつ遠ざかっていくかもしれません。

家に110カメラがあるかもしれないから、探してみます!
以前買ったままで放置している110カメラをちゃんと使ってみます!
というお話しも多く伺いました。
今回の展示作品に触発されてのコメントです。嬉しいですネ!
出展作家のみなさまもありがとうございました!

さて、本日からは「アビィシネマPART2」が始まります!
昨年4月登場の企画展、まさかの(笑)第2回目です!

20080715-1.jpg

暗室電球でうっすらオレンジ色の室内にて
液晶プロジェクターでショートムービーを上映します。

20080715-2.jpg

もちろんドドーンと大画面!迫力あります!!

上映プログラムはコチラ!

 1・ふつうの日々(吹雪大樹)
 2・Fine days(tomomi)
 3・BEER AND SPACE(吹雪大樹)
 4・ハイブリットライブ(Aqua)
 5・消えた歓声(吹雪大樹)
 6・世界の中心でオレがまわる(Aqua)
 7・assort(あっさむ)
 8・Drifter(テクマク)

以上、8本立て・33分間の上映です。
もちろん入場無料です〜!

20080715-3.jpg

今回、ドアの窓を塞いでいますので、いっけん臨時休業っぽいですが
正午〜夜7時までヘビーローテーションで随時上映していますヨ!
ちょっとしたヒマに全部ご覧頂けますので
お時間のある時に、お近くに来た時に、涼みがてら、お気軽にご覧下さい。

*なお、最終上映は夜7時以降のキリのいいところで終わりますので
 6時半位までのご入場をお勧めします。

日曜日までの開催です!
お見逃しなく〜!!
Date : 2008/07/15 Tue
展覧会のこと