それ活2010掲載情報
昨日は外国人のご家族がひょっこりご来場いただいたギャラリー・アビィ。
これは写真で表したツイッターみたいなものです、と説明すると、
とても興味を持ってじっくりご覧下さいました。

たとえ日本語や日本の習慣が判らなくても、
写真だから、それに写っている物を見れば理解してもらえるんですよね。
そういう点ではツイッターよりスゴイかもしれない!(笑)

写真はやはりビジュアルのみでも表現することができるアートですから、
言語でいちいち何かを説明しなくても伝える事が出来るのだと、
その様子を見てあらためて嬉しく思ったわけです。

そんな「それ活2010」ですが、
今週もメディアに取り上げていただきました〜!

まずは、関西の美術ライターにこの人あり!の小吹隆文さんが
ご自身のブログでおすすめ展覧会の風景としてご紹介くださいました〜!
20100526-1.jpg

そして、なんば経済新聞さんにも展覧会の紹介記事を掲載いただきました〜!
20100526-2.jpg

YAHOOニュースにも配信されております〜!
20100526-3.jpg

ちょっと説明するのがややこしい「それ活」のコンセプトも
プロのライターさんの手に掛かれば、とても判り易く紹介いただいて、
僕ももっと勉強しなくては!と思います。

いつもありがとうございます〜
Date : 2010/05/26 Wed
メディア掲載
節目の5周年パーティー!
20100525-1.jpg
こないだの日曜日、5月23日夕方5時から
5周年記念パーティーを開催いたしました〜

20100525-2.jpg
あいにくの大雨のせいか、最初の集まりはチラホラと〜・・・
持ち寄った食べ物をみんなで盛りつけて・・・

20100525-3.jpg
5周年ありがとーーー!
かんぱいーーいっ!
ぷはーっ!ビールがうまいーーー!

そして雨にもメゲず、猛者たちがだんだん集まってくださいまして・・・

20100525-4.jpg

傘立てがパンパン&もう1個追加っ!

かんぱーーーーい!

20100525-5.jpg

おつかれさーーーん!

20100525-6.jpg

おりゃおりゃおりゃーーー!

20100525-7.jpg

入れ替わり立ち替わり、誰かが来るたびに乾杯しまくりまして、
いっぱい食べて飲んで喋って、お腹いっぱいっ!

楽しい時間はアッと言う間に過ぎまして、
いつの間にやら終電の時間になってしまいました・・・
お名残惜しいですが、お開きにいたしますーーー!

20100525-8.jpg

また来週ーーーーっ!

いやー、みなさん、ほんとに素晴らしいっ!
愛してるよーーーー!

・・・・・

なんにもなかった空っぽの部屋にギャラリーができて、
そこから5年間、いろいろな人と人がこの場所で出会って
いまのアビィがあります。

はじめは「1年ぐらいしたら行き詰って倒産しちゃうかも」
そんな不安で一杯のままスタートして、実際にほんとうに手探りの運営で、
2年前ぐらいは廃業することばかりを毎日のように考えていました。

僕1人だけがいくらがんばっても
ギャラリーを続けることはできません。
この場所で作品を発表する人、見に来る人がいてこそ
続けていくことができる「表現するための空間」です。
必要とされているから、必要としている人がいるから、
そのことを心の支えにして頑張って運営を続けてきました。

アビィで出会った皆さんは僕にとっても大切な宝物だし
出合った人同士も大切な仲間として、
これからも切磋琢磨して、互いが大きく成長していって、
もっとたくさんの輪を広げていきたいと思います。
これからもアビィを楽しんで下さいね〜!

そして、それ活2010も折り返して今日から後半の開催です〜
パーティーのドンチャン騒ぎもすっかり落ち着いて、
ちょっとノンビリしております・・・

来年のそれ活は5月の何日から開催かな〜?とカレンダーを調べたら、
2011年5月24日(火)からでした。
曜日もとうとう一回りして、オープンした時に戻ってくるんですね〜
当たり前のことなんですけど、それにもちょっと感動したり・・・

ほんとに「それ活」はアビィにしかない要素が詰まった、
まさにアビィがアビィたる所以を物語る展示だと思います。
パーティーの時にじっくり展示が観られなかった方、
先週ご都合が合わなかった方、ぜひお越しください〜

みなさまのお越しを、今週もお待ちしております〜

・・・・・

20100525-9.jpg
今年もお友達のギャラリーからお花を頂きました。
ここのオーナーさんも、アビィが始まったばかりのころ、
企画展によく参加頂いていた方で、
自分の可能性に気づいて夢を実現させたお一人です。

もうあれから5年か〜!長いようで短いっ!
僕はコツコツ地道にしかできませんが、
できるだけ長くアビィという活動に取り組んでいきたいと思います!
これからもみなさまのご愛顧のほど、よろしくお願い致します〜!
Date : 2010/05/25 Tue
イベント
5周年記念パーティーのお知らせ
それぞれの生活2010、おかげさまで好評開催中です〜!
毎日たくさんのご来場をいただきありがとうございます!

そして明日、5月23日夕方5時から
ギャラリー・アビィ開廊5周年記念パーティーを開催いたします〜!

夜7時からじゃなくて、夕方5時からですよ〜
終わる時間は気が済むまで!(笑)
夜10時半ぐらいまではやってますので
お出かけの後でもぜひお立ち寄りください〜

予約不要・参加費も不要です。
飲み物と食べ物は当方である程度用意していますが
アッという間に無くなってしまいますので
差し入れも大歓迎です〜!
とくに冷たいビールとか!(笑)

なお、パーティー中は猛烈な混雑が予想されますので
展示をゆっくりご覧になりたい方は、明日は早めの時間にお越し下さい。

天気予報はあいにくの雨ですが、
みなさまのお越しをお待ちしております〜!
Date : 2010/05/22 Sat
イベント
ついに5さいの誕生日!
まずは前開催「常世の国の世界」が
日曜日で無事に終了いたしました。
会期中はたくさんのご来場を頂き、ありがとうございます!

展示写真の不思議な光景に驚き、
そして赤外線デジカメを実際に触って驚き、
赤外線写真に興味がある方、まったく知らずに見に来た方、
いろいろなお客様の感嘆の声が常に絶えない展示風景でした。

それは、たんに珍しい効果を使っただけ、ということではなく、
インパクトのあるビジュアルを自分の世界観に取り込んだ手法が
とても巧みであったことの証明にほかなりません。

自分が面白いと思ったことを、信念を持って続ける・・・
それは簡単なようでとても難しいことです。
周囲の意見で何度も気持ちが揺さぶられることもあるでしょう。
できることの限界を感じて、進む道に迷うこともあるでしょう。

そういった困難を振り払ってやり続けた先にこそ、
自分の世界を真に表現できる方法となるのです。

今回の個展で、伸之助さんの情熱を感じた方も多いと思います。
これからも伸之助さん作品に、
おおいに注目し続けていただきたいと感じます!

さて、本日からは「それぞれの生活2010」が始まります。
毎年5月の恒例展示。いわずと知れた周年記念!!
多くの方におなじみの3−3・4−4・5−5の写真展ですね!
今年も2週間開催で、5月30日(日)まで展示します。
(月曜は休廊ですのでご注意ください)

2005年5月24日の開廊から、ついに迎えた節目の5周年を、
全国から集まった52名のみなさんの作品で埋め尽くしますよ!

というわけで、出展作家の皆様から12名の方にご協力いただき、
日曜日の夜に会場設営を行いました〜!

20100518-1.jpg

20100518-2.jpg

20100518-3.jpg

20100518-4.jpg


写真連結のプロフェッショナル!?たちの手際よい作業とワザで、
床面積4坪弱、壁面延長9m足らずの小さなアビィの部屋に、
なんと1063枚もの写真が展示されました!

20100518-5-a.jpg
(この写真をクリックするともっと拡大して見られます!!163KB)

なんと!昨年を200枚以上も上回る超高密度の空間が完成しました!
この写真だけでも全体のごくごく一部分だけなんですよ〜!
もはや「写真で出来た壁」というよりも
「写真で出来た部屋」になっちゃいました!

3日間の撮影日の52名の生活の記録写真が繋がって、
まさにこれが全員でつくった1つの作品という感じです。
節目の5周年にここまでの大掛かりな展示ができるようになったのも、
ほんとうにいろいろな人との多くの出会いが
この場所をとおしてあったからこその証しです!

専業のギャラリーとしては限界に近い狭さのアビィですが、
可能性と好奇心はどこにも負けていないつもりです。

これからも、さらに面白いギャラリー・アビィを目指して
頑張って運営していきたいと願っております!
今後ともみなさまのご愛顧のほど、よろしくお願い致します〜!
Date : 2010/05/18 Tue
展覧会のこと
アートのこぶ〆にて掲載
伸之助写真展、現在好評開催中!しかも本日最終日です。
まだの方、お急ぎください〜!

関西の美術ライターにこの人あり!の小吹隆文さんも
ご自身のブログでおすすめ展覧会の風景として、先日ご紹介くださいました〜!

20100516.jpg

いつもありがとうございます〜!

また、お知らせが遅くなりましたが、
月刊フォトコンライフの現在発売中の号にも、
写真付きで展覧会情報の記事を掲載いただいております〜!

今展とは関係ありませんが、
つい先月も、大阪と神戸で赤外線写真の展示が催され、
たいへん好評を博したと伺っております。

ついに静かなるブーム、到来か?
各種メディアも注目する赤外線写真の世界!

あなたもぜひアナザーワールド体験してください!
Date : 2010/05/16 Sun
メディア掲載
目に見えない光を捉える
20100511-1.jpg

本日から伸之助写真展「常世の国の世界」が始まります。
アビィ企画展でおなじみの伸之助さんの個展です。

伸之助さんがアビィ企画展で出展している作品は
みなさんもすでに何度か間違いなくご覧頂いているはず!
モノクロ写真のようで実はちょっとなんだかおかしいアノ写真・・・
実は「赤外線写真」という珍しいジャンルの作品なんです。

20100511-2.jpg

コタツの赤外線ランプが赤いのは、
たんに暖かそうな色をつけているだけで
本当は、赤外線は「目に見えない光」なのです。

電波やX線というのも光の一種なのですが、
人間の眼で感じることのできる「可視光線」の範囲外なので見えません。
今回のキーワードである「赤外線」も
この可視光線から少し外れた、人間には認識できない光です。

20100511-3.jpg

空が青かったり、植物が緑色だったりするのは
可視光線の反射を人間の眼が感知した時の結果であって、
赤外線に反応するように作られたフィルムやデジタルカメラで撮影すると、
普段見慣れているはずのこの世界が
まったく違う濃淡で彩られていることを発見するのです。

そんな、赤外線で捉えた「知っているはずなのに知らない世界」を
日本古来の言い伝えに登場する理想郷「常世の国」に見立てて、
19枚のプリントで不思議の世界にいざないます。

20100511-4.jpg

人間の視覚がいかに不確定なものであるのか!?
私たちが見ている世界は、いったい何が本当なのか!?
思わず驚かずにはいられない、不思議な写真世界をお楽しみに!

日曜日までの開催となっております。
みなさまのお越しをお待ちしております!

なお、5月15日(土)夜7時から
個展記念パーティーを開催しますので、
作者を交えて、いろいろなお話を伺ってみてください!
予約不要・会費不要・飲み物&食べ物は持ち寄り制です。
どなた様でもお気軽にご参加ください〜!
Date : 2010/05/11 Tue
展覧会のこと
吹雪手帖その98「2010年個展への道(19)」
吹雪手帖その98
「2010年個展への道(19)」

20100510.jpg

昨日で僕の今年の個展「豆腐とビール」が無事に終わりました。
結局、最終日以外ほとんど毎日、夜8時か9時まで営業してしまうほど
ひっきりなしにたくさんのお客様にご来場いただき、
僕自身も経験のないぐらい立ちっぱなし話しっぱなし状態になった、
忙しくもとても楽しい夢のような6日間でした。
(混雑時にじっくりお話しできなかった方、すみません!)

会場でお会いできたみなさま、ありがたい差し入れを頂いたみなさま、
作品集や写真カードをお買い上げいただいたみなさま、
展示の盛況を遠くから見守っていただいたみなさま、
準備の遅れを気にかけてくださったみなさま、
ハレパネの作業や作品集製本を手伝ってくれたテクマクさん、
ほんとうにありがとうございました〜!

自分としても異例の撮影枚数の多さと準備期間の短さの中で
ガムシャラにもがきまくって、なんとか完成にこぎつけた今回の個展は
しばらくのあいだ、忘れることのできない経験になりそうです。

今回はいままでに発表した作品の中でも、
映画的制作方法をいちばん強く取り入れて、
撮影にも展示空間にもそれを色濃く出してゆき、
僕ならではの作品をご覧頂くことができたと思います。

しかし、それとは別に、訴えたいこともありました。

トイカメラ・ホルガというものが普及するにつれて
浅い理解や商業的思考、表面的なことだけ真似たデジタル処理、
そういったものがどうしても先行してしまって、
ホルガという物の姿が正しいカタチで見てもらえなくなってきている。
そういう現状を吹き飛ばすための僕なりの行動として、
今回の展示をしたのです。

いちいちホルガで撮らないような、デジカメで撮ればよさそうなものにも
ちゃんとホルガのレンズを向けて撮ることが大事ではないか。
そんなのはホルガで撮らなくていい・・・そういう違和感が発端でした。

写真は「今」しか写すことができない。
好きなものに自分で可能性の線を引いてはいけない。
ホルガはカンタンに扱うだけのカメラだと自分で決め付けない。
だから、愛するものを、好きなカメラで撮って残すこと。
そしてそれを使って自分の気持ちを表現すること。

僕の撮る写真は豆腐とビールのように何気ないものばかりだけど、
これからも、1つ1つ、1枚1枚、真剣に向き合って撮っていくのだと、
自分としては作品と展示の中にそういう気持ちを込めました。

見る人によって感じ取り方はもちろん様々に変わるわけですが、
そういうことを考えてホルガを撮ってる吹雪ってヤツが大阪にいるよと、
見た人の記憶の中に少しでも残ることができたら嬉しいです。

と、暑苦しい感じになってきたので、これにて退散いたします(笑)
そして来年の個展に向けて、さっそく動き出していきたいと思います。

これからもご声援のほど、よろしくお願い致します!
Date : 2010/05/10 Mon
吹雪手帖 > 2010年個展への道
吹雪手帖その97「2010年個展への道(18)」
吹雪手帖その97
「2010年個展への道(18)」

今日で5日目の開催が終わり、
会期も残すところあと1日になりました〜!

大雨でさすがにヒマかと思っていた金曜の夕方も、
そしてカラッと晴れた本日土曜日も、
たくさんのたくさんの、たくさーんのお客様にご来場頂き、
ほんとうにありがとうございます。

いままで体験した自分の個展の中でも
これほど多くの方にご覧頂いたことはないというぐらい、
忙しく慌しく、そして心地よい日々です。
(ゆっくりお話しできなかった方、すみません!)

そしてまだご覧いただいていない方も、明日もし、
アビィの近くに来るようなことがあったらぜひお越しください!

それと、ひとつ、お詫びがございます。

開催初日から販売していた「豆腐とビール」作品集ですが、
おかげさまで初版50部が本日完売いたしました。
明日ご来場予定で作品集購入希望の方がおられましたら
たいへん申しわけありません〜!

しかし、僕自身も予想していなかったぐらい、
ほんとうに多くの方のお手元に
「豆腐とビール」の世界をお持ち帰りいただけたことに、
ほんとうに感謝いたします!

第2版は初版と異なる仕様になりますが、
6月頃からの販売を予定しておりますので
今回入手できなかった方におかれましては、
なにとぞご容赦いただきたく存じます。

それでは、あともう1日!
よろしくお願い致します。
ギャラリーにてお待ちしております〜!
Date : 2010/05/08 Sat
吹雪手帖 > 2010年個展への道
吹雪手帖その96「2010年個展への道(17)」
吹雪手帖その96
「2010年個展への道(17)」

さささささ〜て!
吹雪大樹写真展「豆腐とビール」も開催4日目。後半戦に突入です!

おかげさまで連日たくさんのお客様にご来場いただき、
私家版作品集も残り20冊を切りました!

写真カードだけではなく、「本」として、
展示の雰囲気をおうちへ持って帰ってもらえる事は、
ほんと作者冥利に尽きます!とても嬉しいです〜!

4日目の今日、大阪は強めの雨が降っていて、
さすがにノンビリとした昼下がりとなっています・・・

20100507-1.jpg

誰もギャラリーにいないときに、
差し入れでいただいた缶コーヒーを飲みながら、
自分の展示を改めてじっくり見直して、、、
そしたら、いろいろと自分の中でも新しい発見があったりして〜、、、
だから、個展って楽しいですね!

今回の展示、ありがたいことにメディアにも掲載いただきました。

まずは、関西の美術ライターにこの人あり!の小吹隆文さんが
ご自身のブログでおすすめ展覧会の風景としてご紹介くださいました〜!
20100507-2.jpg
とても判り易く展示の見所・テーマをご紹介くださってありがとうございます!

そして、なんば経済新聞さんにも個展の情報を掲載いただきました〜!
20100507-3.jpg

YAHOOニュースにも配信されております〜!
20100507-4.jpg

本日金曜日と明日土曜日は、
夜8時まで営業時間を延長していますので
お仕事帰りに、お出かけのあとに、ぜひお立ち寄りください〜!

残りの会期も、頑張りマス!
Date : 2010/05/07 Fri
吹雪手帖 > 2010年個展への道
毎日飽きずに続けていこう
まずは前開催「二人三脚」が日曜日で無事に終了いたしました。
会期中はたくさんのご来場をいただき、ありがとうございました。
土曜日のパーティーも和気あいあいと楽しい一夜となりました。

結婚30周年記念というパーソナルな動機から始まった展示ですが、
いろいろな撮影機材を駆使して
楽しく写真にチャレンジする姿勢に感心したり驚いたり、
夫婦の30年間の歩みを表した年表の中にも
見る人の人生を重ね合わせて考えることもできたり・・!

そしてなんといっても、30年前に旦那さんが作った
新婚旅行の分厚いアルバムに記された言葉や写真が
思わずじーんと感動せずにはいられない内容で、
まさにこの展示の核となるものでした。

元々は他人同士のはずの人間が出会って夫婦になって、
30年間の時間を共にすごすことの素晴らしさを
多くの方に感じ取ってもらえることのできた、
大いに意義のある展覧会だったと感じました。

次は40周年記念展に向けて頑張る!ということでしたので
みなさんもお二人の今後にご注目ください!

20100504-1.jpg
さて、GW後半の本日からは
吹雪大樹写真展「豆腐とビール」が始まります。

毎年この季節恒例の僕の個展です。
もちろんすべてホルガカメラでの写真によるオール新作!
今回は撮影期間四ヵ月半・撮影枚数1024カットの中から
大小さまざまなサイズで78枚を展示いたします。

なんでもない言葉だけどインパクトのあるものを・・・
ということで決めた「豆腐とビール」というタイトルですが、
もちろん豆腐とビールの写真が並ぶ展示ではないですよ(笑)

安売りで買ってきた豆腐とビールの晩酌は
高級でも何でもないありふれたメニューですが、
一日の締めくくりをホッとさせてくれる
魔法のようにステキな存在です。

たまには「ワインとチーズ」や「地酒と刺身」もいいですが、
そんなものは毎日続けられません。

どうでもいいような豆腐とビールだから
毎日続けていても飽きないし、それだけ魅力があるのです。

20100504-2.jpg
「日常」という身近な場所を舞台にして創作を続ける僕にとって、
「写真」というものはどんなコト・モノなのだろうか?
それを言い表す言葉として選んだのが「豆腐とビール」なのです。
(それにしても美しい日本語だと思いませんか?笑)

日々の暮らしの中にある何気ないけど大切な光景を
あますところなく写真に残していきたい・・・
それはきっと「豆腐とビール」のような写真。
何気ないけど、生きてこの世界を眺めている限り、
飽きることはないのです。

20100504-3.jpg

いま日本の未来は先行きが不透明なまま
多くの人が言い知れぬ不安を抱えて暮らしています。
でも、そんな日々の中にもハッピーなことは
本当ならたくさん見え隠れしているはずです。
そのハッピーにいくつ気が付くことができるのか?

日常を写真に捉える作家は、そんなハッピーを
多くの人に伝えて気づかせる役目があるのではないか、
最近僕はそういうように感じています。

今回の展示をご覧頂いて、そういうことに気づく気持ちが
みなさんの心に芽生えて大きく育つことを願っています。

20100504-5.jpg
なお、会期中はこの展示のために出版する私家版作品集を
初版限定50部・1280円にて販売いたします。
A5サイズ・36ページに62作品を収録しています。
シリアルバンバー入りです(番号は選べません)
そしてもちろん作者サイン入りです。その場でお書きします。
サイン不要でも書きます(笑)
(会期終了後は店頭販売と通販もいたします)

*追記
 5月8日で初版50部すべて完売致しました。
 お買い上げ頂いた皆様、ありがとうございます。
 第2版(仕様が変わります)以降の販売については後日お知らせ致します。

20100504-6.jpg
また、2Lサイズの写真カードも販売いたします。
お好みの額縁に入れておうちで飾ってください。
こちらにも作者サインをその場でお書きします。
あくまでも、サイン不要でも書きます(笑)

今回、お楽しみのパーティー(という名の飲み会)はありませんが
金曜日と土曜日は夜8時まで営業時間を延長しますので、
お仕事帰りに、お出かけの際に、お立ち寄りください。

5月9日まで、6日間の開催です。
2週間ではないのでご注意ください。
なにかと忙しい時期だと思いますが、
ご都合のつきます方はぜひお越しください。
アビィにてお待ちしております〜!

20100504-4.jpg
Date : 2010/05/04 Tue
展覧会のこと