HOLGA135シリーズ入荷!
天地激動の新製品をいち早く入荷いたしました!
今年の夏頃から出るぞ出るぞとウワサのあった例のアレ!
キングオブトイカメラ「ホルガ120」シリーズのスピリットを受け継ぐ
正真正銘の35ミリフィルム版ホルガが登場です。

(12/1追記)→作例はこちら

135bc.jpg

めっちゃ無理矢理作ったカンジがサイコーです。
シャッターから前部はホルガ120そのもの!
レンズの大きさは同じですが、シャッター部分の金型は新作のようです。
カメラ部分はわりとしっかりした造りです。
もちろん35ミリサイズなので今までよりもずっと小さくなります。
重さは同じぐらいです。

・多重露光OK
・バルブシャッターOK
・シャッターボタンはカメラ上部(レリーズ穴あり)
・カメラ底面に三脚穴
・絞りは相変わらず(笑)
・フォーカスも相変わらず(笑)
・ホットシューあり!ストロボ接続OK!
・フィルム送りはちゃんと1コマずつ止まります。
 (シャッターを1度押すまでは進まないので安心)
・フィルムの巻き戻しも普通にできます
・巻き戻しクランクを引っ張るとフタが開く安心設計(笑)
・フィルムカウンターもちゃんと動きます
・30センチ〜70センチまでのクローズアップレンズ付き(非売品)
・まあまあしっかりしてそうなストラップ付き

ざっと見たカンジは以上です。
今日届いたばかりでまだ実写していませんが、
手応えの怪しさは健在なのでけっこう期待できそうです。

●HOLGA135シリーズ
(クローズアップレンズ付き・エーパワー仕様)

○HOLGA135(周辺光量落ちナシ)
 5880円

○HOLGA135BC(周辺光量落ちアリ)
 6930円

クローズアップレンズは120シリーズにも使えます。
ポラホルガの補正レンズのようにハメ込むタイプです。
レンズキャップにも「holga」のロゴがあってカワイイ!(笑)

135BCの光量落ちに関しては半透明のマスクが中に仕込んであり
それの効果によって自然なトンネルエフェクトが得られるようです。
(周辺のボケも再現されるのだと思います)
あくまでもギミックですが、これはこれで問題ないと思います。

従来の35ミリアダプターの動作に比べれば
かなり安心して使えるものになっていると思います。
ただし、パフォレーションまでは写りません。そこが違いです。
もちろん写真は長方形なので、タテヨコ関係あります。
マスクを追加して正方形にするのも面白そうですね。

あまり台数がありませんので、購入ご希望の方はお早めに!
お取り置きはお電話でのご連絡のみとさせていただきます。
なお、通販は行っておりませんので、ご了承ください。

僕はさっそく、レインボ−7詰めて、明日からテストします!
Date : 2007/11/29 Thu
新製品情報
3つのストーリー
前開催「朝が来る場所」が日曜日で無事に終了しました。
いままでのアビィの展示にはなかった雰囲気の空間で
モノクロプリントの奥深さをご覧頂けたことと思います。
作者・藤本さんの「ドキドキとわくわく」が
作品の表現として今後どのように発展していくか楽しみです!

さて、今週も個展&モノクロプリントです。
安田新之助さんの初個展「Qtr.」が始まります。

20071127-1.jpg

20071127-3.jpg

20071127-2.jpg

この展覧会には3人の男が登場します。
みなさんの脳裏にどんなストーリーが浮かぶでしょうか?

日曜日までの開催です。
みなさまのお越しをお待ちしております!
Date : 2007/11/27 Tue
展覧会のこと
ドキドキ と わくわく
日曜日で「幻燈機写真展●其ノ参」が無事終了いたしました。
毎年好評の企画展ですが、今年も多くの方々に
「フィルムの表現力」の美しさを知って頂けたと思います。
暗闇に浮かぶ写真の世界、来年もお楽しみに!

20071120-1.jpg

さて、今日から藤本勝己さんの個展「朝が来る場所」のスタートです。
バライタに丁寧にプリントされたモノクロ作品たち。
繊細な濃淡の中に佇む「ドキドキとわくわく」をご覧下さい。

20071120-3.jpg

日曜日までの開催です。
お見逃しなく!
Date : 2007/11/20 Tue
展覧会のこと
PARADE100販売終了
7月の取り扱い以来、ご好評をいただいたPARADE100ですが
昨日、当店での在庫がすべて売り切れとなりました。
残念ながらメーカーのほうでも在庫ナシとのことです。

お買い求め希望の方は、たいへんお手数ですが
他の販売店へ在庫のお問い合わせをお願いします。

なお、現像自体はもちろん今後も可能です。
大手チェーン店の大半で現像を断られることが多いようですので
(この問題に関してはいろいろ思う所がありますが、割愛...)
PARADE専門ラボもしくはPARADE現像協力店へ依頼するのが
いちばんストレスがなくいい方法だと思います。

PARADE専門ラボは送料・価格の面でタイヘンかもしれないので
PARADE現像協力店リストからお近くのお店を探してみて下さい。
日本全国一円とはいきませんが、
首都圏、東海、近畿はそれなりにカバーされています。

気になるPARADEの後継フィルムについては、
残念ながら、現在のところ正式なアナウンスはありません。

なにか動きがありましたら、お知らせしたいと思います。
Date : 2007/11/16 Fri
新製品情報
光を観る、展覧会
日曜日でタキモトミネコ写真展「import blue」が終了致しました。
トイカメラ・ホルガでキッチリと丁寧に写し撮られた風景と
そこから表現される世界に驚かれた方も多いと思います。

作者の瀧本さんは初日から最終日まで毎日全時間在廊なさり、
久々に個展らしい個展を観させてもらったと僕も思います。

雑誌やフリーペーパーなどの撮影で活躍されている瀧本さんですが、
これからはギャラリーでの作品発表も要注目です。
今後の活動に、みなさまぜひご期待ください!

さて、今週からは毎年恒例の「幻燈機展」が始まります。

20071113-1.jpg

自分で1枚1枚、スライドを切り替えて鑑賞するという、
けっこう珍しいスタイルで毎回好評の展覧会です。

20071113-2.jpg

小さなスライドフィルムとシンプルな映写機1つで
こんなに大きな映像を鮮明に観る事が出来るという事実は、
これを初めて目にする人にとって、大きな驚きを感じると思います。

仕掛けとしては極めて手動式のアナログどころかアナクロですが、
自動切り替えで一方的に観るスライドショウには無い時間の感覚と、
DVD+プロジェクターによる上映では感じる事の出来ない
フィルムがもつ表現力の素晴らしさを体験できるという、
まさにアビィならではの企画です!(力説、笑)

場内は照明を消していますので、いっけん臨時休業っぽいですが
ちゃんと開いてますので、お気軽にお入りください。

20071113-3.jpg

日曜日までの開催となっております。
みなさまのお越しをお待ちしております。
Date : 2007/11/13 Tue
展覧会のこと