抱腹絶倒!夏の名物、始まります!
前開催のハーフ判展に多数のご来場をいただき
まことにありがとうございました。

ハーフ判であるということを
展示でどのように表すのかが工夫のしどころ!でしたね。

写真は1コマ1枚という概念を打ち破って、
複数のコマで1作品になる撮り方や、
連写でまさに35ミリムービーを再現してみたり
時間の連続性をハーフで表してみたり、
いろいろな表現があり、僕も驚きました!

若い世代の方には、ハーフ判というフォーマットを
今回の展示で初めて知った方も多く、
ハーフ判の新たなる世界に踏み出した人もいるハズ!!

カメラの機種や撮影フォーマットに着目した企画を
今後も増やしていきますのでお楽しみに!

さてさて、今日から毎年恒例のアレ!!
「街の違和感3」が始まります。

あなたの街にもきっとあるヘンなモノの博覧会!
ヘンなカンバン、ヘンな店、トマソン、などなど、
とにかく笑えるネタを一堂に集めた名物企画展です。

ではちょっとだけ、違和感プレビュー!

20070731-01.jpg

20070731-02.jpg

20070731-03.jpg

20070731-04.jpg

20070731-05.jpg

20070731-06.jpg

20070731-07.jpg

20070731-08.jpg

20070731-09.jpg

ほんの氷山の一角です。。。
笑い死にする覚悟で観て下さい!!

そして!違和感展がスゴイのはここから!
「違和感チャンピオン決定戦」というのが同時開催されます。
これは来場者による人気投票を行い、
3代目違和感チャンピオンを決定するというもの!

20070731-10.jpg

チャンピオンには違和感チャンピオンベルトが贈られます。
過去の優勝者の名前が刻まれたリボンも付いてます!
今年は誰の腰に!!!!

ちなみに過去の奇怪な盛り上がりの様子はこちら↓
1回目 http://g-avi.com/ex/004/004.htm
2回目 http://g-avi.com/ex/038/038.htm

8月5日(日曜)までの開催となっております!!
お見逃しなくッ!!!!!!!!!!!!!!!!
Date : 2007/07/31 Tue
展覧会のこと
PARADE100取り扱い開始!
20070719.jpg

かねてから話題にのぼっていた「PRADE100」フィルムを
金曜日から取り扱い開始します!

●僕が使ってみた感想

・カメラ・レンズの組み合わせで色の転び方が変わる。
・フィルム1本ごとの発色もちょっと違うぞ
・わりとギャンブルっぽい

ということで、発色の具合とかは、
現像してみないとどんな色だか判らないってカンジです。

それはつまり、トイカメラの偶然性に似ているような。
言うなれば、トイ・フィルム、ってことですね。

色の再現性とか描写力とか粒状性とか、
そういうモンにこだわって使うのはNG!なカンジ。

けして、ビスタやウルトラやゴールドの代替フィルムではなく、
パレードはパレードなんだ!っていう精神で使って下さい。

1回使ってみてパッとしなくても
そのうち何かスゴイ色に遭遇するかも。

トイカメラに限らず、マジメなカメラに入れても面白いと思います。
フジ仕上げ、コダック仕上げ、補正なし、補正あり、フィルムスキャン、など
プリントをどうするかのチョイスでも遊べそうです。

1本395円
4本パック1520円
6本パック2100円
10本パック3150円

とりあえず50本入荷しますヨ〜
4本or6本パックが便利だと思います!


*****(追記)*****

2007年11月にて完売いたしました。
ありがとうございます〜
Date : 2007/07/19 Thu
新製品情報
小は大を兼ねる?
矢島敏明さんの初個展「太平洋を越えて」が終了しました。
台風という悪天候の中、会場へお越し頂いたみなさま、
まことにありがとうございます!

外は雨降り、でも、ギャラリーの中は常夏!
鬱陶しい天気を吹き飛ばす気分を味わっていただけたと思います。
多くの方の旅情も誘ってしまったようです。
お盆休みに南の島へ行っちゃう人も多いカモ!

矢島さんも新幹線で無事に群馬へお帰りになりました。
(日曜日にご心配頂いたみなさま、ありがとうございます)
次回の矢島さんはホルガネーム「ビバメキシコ」として
8月のホルガジャンボリーA組に出場しますので、お楽しみに〜!

idx.jpg

さて、今週からは久々?の企画展「ハーフ判テン」が始まります。
カメラ好きなら常識のハーフ判ですが、
知らない人には意味不明なのでチョット説明を!



〜 ハーフ判カメラとは? 〜

ハーフ判カメラとは1コマ分の中に
半分の大きさで2コマ撮れるようになっているカメラのことです。
つまり36枚撮りのフィルムだと72枚撮れるというわけですね。

日本では1959年にコニカとオリンパスが製品化し、
1本で2本分撮れるという経済性の面から
国民的ヒット商品になりました。

しかし、フィルムが安価に供給されるようになると、
撮影枚数の代わりに画質が犠牲になるハーフ判は
徐々に人気を無くしてしまい、
1980年代後半にはほとんどのカメラメーカーが
ハーフ判カメラの開発をストップしてしまいました。

そして21世紀・・・ハーフ判カメラは昭和の薫り漂うカメラとして
再び人気になっています!


と、いうワケで、お父さんお母さんの世代なら
オリンパスPENは絶対使っていたはずというぐらいの
それはそれはメジャーな写真フォーマットだったのです。
今でもお家の押し入れを調べれば、
きっと1台ぐらい眠っているはずですよ。

20070717-1.jpg

しかし、経済性という価値が薄れた時に
ハーフ判の歴史は終わってしまうのですが
独特の昭和デザイン、粗粒子による写りすぎないカンジ、というのが
今の若い世代にもひじょうにウケています!

20070717-2.jpg

そんなハーフ判カメラによる作品をお楽しみください。
今回は2週間開催ですので7月29日まで!(月曜はお休み)

みなさまのご来場をお待ちしております〜
Date : 2007/07/17 Tue
展覧会のこと
南の島にきた気分!
先週の「←あべごへ→」展にご来場ありがとうございます!

B1サイズの大型作品、イラスト作品の本格的な展示!
ハタチのふたりの、これからの可能性を感じる展示が、
いつもと違ったアビィの雰囲気を作り出し、見応えのある内容でした。

あと10年したら、彼女たちはきっと有名になっていそうな、
そんな予感のした吹雪大樹35歳(笑)

さて、今週も個展です!

idx.jpg

アビィ企画展で毎回おなじみの
矢島敏明さん(=イルちゃんorビバメキシコさん)による、
遠く群馬から大阪へ遠征しての初個展!
「太平洋を越えて 〜Sounds of sea〜」を開催します。
DMはイラスト(SACLAさん作)ですが写真展です。

20070710-3.jpg

全紙サイズの作品が合計20点。
こんなに大きい物をたくさん展示するのはアビィ初です。
ギャラリーに足を踏み込めば、そこはまるで南の島。
海をイメージしたBGMと共に
ゆったりとした気分で写真をご覧下さい。

とにかく空と海の「青」が美しいです。
悩みなどなにもなく、ひたすら気持ちがいい写真たちです。

20070710-2.jpg

矢島さんセレクトの「太平洋を越えたお土産」も展示。
さらにムードが高まりますね〜

会期中はどうも全国的に雨模様ですが、
こういう時だからこそ、この作品が際立つのかもしれません。
カラッと晴れた青空が懐かしい!

20070710-1.jpg

水曜日午後3時から日曜日の昼過ぎまで、
作者の矢島さんも遠路はるばる毎日在廊しますので
南の海の話しがしたい方もぜひぜひお越し下さい。

日曜日までの開催です。
お見逃しなく〜!
Date : 2007/07/10 Tue
展覧会のこと
吹雪手帖その18
吹雪手帖その18
PARADE100・テストプリント

先日書いた新型フィルム・PARADE100のテストプリントが出来ました。
カメラはLOMO LC-Aで、ややオーバー気味に撮っています。
印画紙はノーブランドです。

01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg

僕の感覚だと、コニカのJX400で露出オーバー気味に撮って
アグファの印画紙にプリントした時の色合いにソックリ。
・・・て、こんな例えが判る人、いませんね(汗)

ネットでよく言われているフィルムの引っ掻き傷は
僕が購入した物にはまったくありませんでした。

粒状性はISO100にしてはけっこうザラザラしていますが、
ハーフ判と110フィルムの中間みたいな雰囲気で、
これは意外にアジがあると感じました。

というわけで、フィルムの特長というよりも
1年以上ぶりに使ったLOMO LC-Aに
振り回されたカンジ(笑)の写真になったので
2本目は一眼レフ+50ミリレンズで撮ってみました。
そちらは今から現像に出しますのでお楽しみに〜!
Date : 2007/07/08 Sun
吹雪手帖 > 全般