闇を舞う光の粒子
Date : 2018/07/11 Wed

まずは前開催・Paradise Architectsグループ展、
「わたしのすきなもの」が日曜日で無事に終了しました。
地震や豪雨の影響で落ち着かない2週間でしたが
たいへん沢山のご来場を頂きありがとうございます!

全国各地から集まった23名による作品は
組み写真での展示を中心に様々な角度から
自分の「好き」を提示するスタイルとなり
観客/作者ともに様々な発見がある展示になりましたね。

ひとくちに「すきなもの」と言っても
「私にはたった1つ、コレだけです!」と、
安易に決められないものだからこそ
シンプルなのに奥深いテーマとなり、
全体的にとてもよい効果を及ぼしたと思います。

また各週土曜日に行った「感想会」は
ポジティブな観点から考察を重ねる手法ながらも
たんに仲間内で褒めあうのとは全く異なり、
なかなか白熱した意見が飛び交う好イベントでした。
こういうところにもこのグループの志の高さが
表れていたのではないかと感じます。

Paradise Architectsとは「楽園建築家」という意味。
今度はどんな楽園を設計してくれるのでしょうか?
次なるグループ展が楽しみです!


20180711-1.jpg

さて本日からギャラリーライムライト代表・兒嶌秀憲さんをお招きし、
個展「墓の上を誰かが歩いた」を7月15日まで開催します。

20180711-2.jpg

兒嶌さんは夜な夜なカメラを担いで街を歩き、
様々なスタイルでの撮影・作品発表を精力的に行っておられます。

20180711-3.jpg

今回はとある豪雨の深夜に水中カメラ「ニコノス」で撮影敢行!
全紙サイズに伸ばした12枚の銀塩モノクロプリントが展示されます。

20180711-4.jpg

そこにあるのは夜の闇を舞う光の粒子!この迫力と美しさが圧倒的です。
皆様のご来場をお待ちしております〜!
展覧会のこと
すきなもの展、大好評で後半戦!
Date : 2018/07/04 Wed

20180704-1.jpg

「わたしのすきなもの」展、本日から後半戦スタートです!
前半とはメンバーを入れ替えて12名による展示となります。

20180704-2.jpg

全国各地から出展作家が集まっているのが特色のこのグループ。
前半は関東と関西半分ずつぐらいでしたが
後半は関東・関西・東海・四国・中国・沖縄と幅広いです!

20180704-3.jpg

アビィの公募展でお馴染みの作家さんたちも参加しており、
先週にも増して濃ゆ〜い展示風景となっております!

20180704-4.jpg

土曜日18時30分からは大好評・参加自由の感想会も再び開催!
聞く事と話す事で強化される写真展!お見逃しなくッ!
展覧会のこと
「すき」に出会える2週間!
Date : 2018/06/27 Wed

まずは前開催・ako*写真展「ふりかえる」が
日曜日で無事に終了いたしました。
会期中ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございます!

作者の自宅内を中心に、日々の光を丁寧に写し撮った19枚。
小さな木製額縁に掬い取られた1つ1つの大切な光景は
少しずつ変わる暮らしの風景と成長していく子供たちの記憶です。

毎日顔を合わせる家族の間にこそ「本当の一期一会」があり、
写真に残された過去を見て「今」をふりかえる事こそが
「これからの自分に見える風景」を探すスタートなのかもしれません。

今後も時の流れをポジティブでもネガティヴでもなく、
強く優しい気持ちで写し続けてほしいと思います!
皆さんもako*さんの次回作にご期待ください!


20180627-1.jpg

さて本日からParadise Architectsグループ展「わたしのすきなもの」が
2週間(前半後半展示入れ替え)の日程で始まります。

20180627-2.jpg

テーマはもちろん「わたしのすきなもの」ということで、
1週目は全国津々浦々から11名の作品が集まりました。

20180627-3.jpg

土曜日18時半からは、ポジティブな面から作品の成り立ちを探る
「感想会」というイベントも実施されます。どなたでも参加自由です!

20180627-4.jpg

シンプルなコンセプトだけに内容の感じ取り方は幅広くなりそう!
「好きな作品」にきっと出会えると思います!皆様、お見逃しなく!
展覧会のこと
留守のお知らせ(2018.6.20 - 6.21)
Date : 2018/06/20 Wed

\業務連絡/

6月21日(木)〜22日(金)

東京出張のため吹雪大樹はアビィを留守にいたします。

両日ともテクマクさんに店番してもらいますので
展示は通常どおりご覧いただけます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します〜
そのほかの話
変わりゆく日々の風景を、いま考える
Date : 2018/06/20 Wed

まずは前開催・野坂みずほ写真展「toi toi toi」が
日曜日で無事に終了いたしました。
会期中はたくさんのご来場頂き、まことにありがとうございます!

ドイツに伝わる”toi toi toi”のおまじないに彩られた16枚は
遠い何処かへ気持ちを届けようとする作品でしたね。

丁寧に撮られ、しっかりとプリントされた1つ1つの写真。
その佇まいが、柔らかな時間の流れのような世界の中にも
ハッキリとした芯の強さを与えていて心地よかったです。

アビィ初登場&初個展とは思えない見事な手腕で
この優しくて小さくて大切な物語を描き出した野坂さん。

今後もどんな世界を見せてくれるのか楽しみですね!
みなさんも野坂さんの新たな作品にご期待ください〜!


20180620-1.jpg

さて本日からako*写真展「ふりかえる」を開催します。
南船場のギャラリーでご存知の方も多いako*さんの初個展です。

20180620-2.jpg

長かった子育ても少しずつ終わりが見えてくるにつれ、
いつも同じようだった日々の暮らしも急速に変わっていきます。

20180620-3.jpg

一期一会というのは毎日顔を合わせる家族の間にこそ
ひっそり横たわっているものではないでしょうか?

20180620-4.jpg

写真に残された過去。しかし人はそれを見て「今」を考えるのです。
日曜日までの開催となっております。皆様、お見逃しなく!
展覧会のこと