色彩を軸に表す世界
Date : 2018/05/16 Wed

まずは前開催「多重露光写真展2」が日曜日で無事に終了しました。
ご来場頂いた皆様、まことにありがとうございます〜!

ワザはシンプルでも発想はワンダフル!という感じで
超絶な神ワザを会得しなくても”私にも出来そう!”と、
多重露光を始めるキカッケになりそうな展示だったのが
実にアビィらしい作品の集まり方でヨカッタ〜と思います。

多重露光はあくまでも撮影技法の1つ。
この特殊効果で得られたビジュアルをどう作品へ昇華させるのか?
それが多重露光での制作を長続きさせる秘訣だと感じます!

また数年後の開催を目指していますので
皆さんも多重露光の世界にぜひ取り組んでみて下さいね!


20180516-1.jpg

さて本日から「いろ撮り●3」を開催します。
2007年の初開催からやっと3度目というマボロシの企画!?

20180516-2.jpg

テーマはシンプルに「色彩を主題にした写真」ということで、
極彩色からシブ〜イ色まで様々な切り口の作品が揃いました。

20180516-3.jpg

逆に言うと、写真の内容は自由ということになりますので、
色彩を軸にどんな表現ができるのか、参考にできそうですよ〜!

20180516-4.jpg

目や脳ミソの刺激になりそうな5日間!
皆様のご来場をお待ちしております〜!
展覧会のこと
重なりが編み出す風景
Date : 2018/05/09 Wed

まずは前開催・吹雪大樹写真展「太陽」が
日曜日で無事に終了いたしました。
会期中、たくさんのご来場を頂き誠にありがとうございます。
写真集や展示作品をお買い上げ頂いた皆様にも御礼申し上げます。

そもそもスケジュールの決まらない週の穴埋めで急遽こしらえた、
本来の個展ロードマップにはなかった作品。
しかし皆様からのご感想・ご意見から様々な発見があり、
これが新しい出発点になりそうな確かな手ごたえと共に、
5日間の会期を終えることが出来ました。
始まる前と終わった後でこんなに印象が変わった作品は初めてです。

実は昨年8月に開催した個展「日は光」が
自分にとって最高に心地よい結果を得られた展示だったので
その後の新作に向けての意欲が逆に萎えた感じになってしまい
(つまり・・自分の作品に満足してしまったのでしょうね・・)
やや腑抜けた状態になっていたのですが、これでシャキッとしました。
こんな僕でもまだまだ新しく作っていける世界が残されていそうです。

今年はあと2つの個展を開催する予定です。
それぞれ今回とはまた異なる思考を持つシリーズですが、
自分が作った沢山の世界の根底を接続する「根っこ」を意識しながら
これからも多彩な作品づくりを徹底的にやっていきたいと思います!
みなさま、本当にありがとうございました〜!


201800509-1.jpg

さて本日から「多重露光展2」を開催します。
フィルムカメラによる「重ね写し」のみに限定した企画です。

201800509-2.jpg

パソコンやアプリで様々なイメージ合成ができる時代ですが、
だからこそフィルム撮影の「不確実性」が強い味方になってくれます。

201800509-3.jpg

基本ワザの重ね写しから、フィルム再装填、スプリット撮影など、
様々な手法を用いた8名の作家による世界が集まりました。

201800509-4.jpg

これがアプリ加工なし!?と驚くこと間違いなし。
幻想的なフィルム多重露光の世界をお見逃しなく!
展覧会のこと
太陽に向かっていく気持ち
Date : 2018/05/02 Wed

まずは前開催「さくらイロ●13」が
日曜日で無事に終了いたしました。
会期中、たくさんのご来場を頂き、
まことにありがとうございました〜!

今年は開花時期が異様に早かったせいか、
桜を撮るチャンスがなかったというハナシも多く、
例年より少なめの15名による展示となりました。

しかし、個々の作品ボリュームが豊富だったこともあり、
例年に負けず劣らず、桜の写真が満開状態となって
ギャラリーでお花見を楽しめてよかった!と、
来場者の皆様から喜んで頂けたのが嬉しいです。

主目的(笑)のお花見パーティーも楽しいひと時となり、
出展作家のみなさまにも御礼申し上げます!
来年もまた、お花見日和が続いて欲しいですね〜!


20180502-1.jpg

さて本日から吹雪大樹写真展「太陽」を開催します。
タイトルどおり「太陽」を主題にした作品です。

20180502-2.jpg

「太陽を撮る」それはつまり「逆光の写真」ということなんです。
2010〜17年に撮った写真から未発表写真を中心に16枚の構成です。

20180502-3.jpg

壮大なテーマも心に響く物語もありません。
自分が「太陽」を見つめながら今を生き続けていること…
その感謝をただただ純粋に並べたいだけなのです。

20180502-4.jpg

金曜・土曜は20時半まで延長営業。各種販売も行います。
GWのお忙しい時期ですがお時間ありましたら是非お越しください!
展覧会のこと
今年も満開のお花見!
Date : 2018/04/25 Wed

まずは前開催「黒白冩眞展覧会●13」が
日曜日で無事に終了いたしました。
ご来場頂いた皆様、まことにありがとうございます。

例年よりもかなり少なめ、8名による展示でしたが、
ワイド展示枠の圧倒的ボリューム感と、
個々の内容の多様さが織りなすカオスぶりで
なかなか見ごたえのある写真展になってよかったです。

今年は久々に手焼きモノクロ勢が盛り返した感じでしたが
事務用インクジェットプリンタ(黒インクのみ)での試みもあり、
白黒コピーによるアバンギャルドな仕上げ方もあり、
モノクロ写真を始めてみたい方にとって
かなり自由な視点から制作方法の参考になったと思います。

来年はどんな作品が集まるのか、今から楽しみです。
ベテランの人も、これからチャレンジする人も、
自分だけのモノクロの世界を追求していってくださいね〜!


20180425-1.jpg

さて本日から「さくらイロ●13」が始まります。
毎年恒例、春を彩る企画です!

20180425-2.jpg

今年はビックリするほど開花時期が早く、
撮影のタイミングが難しかったかもしれませんね。

20180425-3.jpg

それでも15名による作品が集まって、桜の写真が満開です!
納得の直球から驚きの変化球まで色んなさくらイロになりました。

20180425-4.jpg

日曜日までの開催となっております。
今年最後のお花見を楽しみに来てください〜!お見逃しなく!
展覧会のこと
黒白冩眞の迫力と魔力!
Date : 2018/04/18 Wed

まずは前開催「団地の風景展」が日曜日で終了しました。
ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございます〜!

日本高度経済成長時代の原風景と言うべき「団地」という存在。
そこにはある種のノスタルジィを伴いながらも
間違いなく「現代」があるはず・・・!

と、いうような狙いで企画したこの展示ですが、
展示作品の半数は現存しない団地や閉鎖された団地が集まり、
思っていたよりも切ない展示風景になったのが意外でした。
しかしそれは団地というものが現代社会の中で置かれている立場を
如実に反映しているのだと考えることもできます。

びっくりするほどたくさんのご意見・ご感想も寄せられたのは
出展者の皆様の熱意ある作品あってこそ!
意義のある成果が得られた企画となり感謝いたします〜!


20180418-1.jpg

さて本日から「黒白冩眞展覧会●13」が始まります。
年に一度のモノクロ祭り!今年は9名による作品が集まりました。

20180418-2.jpg

昔ながらの暗室手焼きプリントからインクジェットプリントまで、
様々な手法の作品が集まるところもアビィならではの自由な感じ!

20180418-3.jpg

例年に比べると参加人数がちょっと少なめなんですが、
そのぶんかなり濃〜い作品が集まっております!

20180418-4.jpg

ワイド枠展示ということで見応えはバッチリ保証しますよ〜!
日曜日までの開催です。みなさまのご来場をお待ちしております!
展覧会のこと