神と仏を感じる5日間

まずは前開催・吹雪大樹写真展「イーラ/ERA reel-1」が日曜日で無事に終了しました。大変たくさんのご来場をいただき、まことにありがとうございます!

今後10年かけて発表し続けるこのシリーズでは、これから年2回以上、少なくとも20回以上の個展をすることになります。その最後にすべての写真をまとめて数百ページはある本を作りたいと思っています。 少しずつ作りながら、結果的に膨大なものを作ろうという考えです。

その第1巻となる今回は少し多めの33枚を展示。今後の展開に向けた伏線を散りばめました。また、昨年から本格的に取り組んでいる「映像転換の雰囲気を持った写真展示」のスタイルも多くの方に評価して頂き、確かな手応えを感じる5日間となりました!

次回、第2巻は9月下旬に帝塚山ギャラリーライムライトにて開催します。今回が秋・冬の写真だったので、次回は春・夏の写真で構成することになると思います。すでに構成の核となる写真は撮れています。どんな展示が出来上がるか、自分でも今から楽しみです。ご期待ください!


さて本日から「神様仏様展」を開催します。今回が最初で最後の一発芸的な企画ですが、比較的真面目な感じになりましたよ!?

SNSによる事前アンケートで参加者を募るという新手法で、意味不明ながら15名が集まって、かなり賑やかな展示風景です。

お寺や神社の建物。仏像や地蔵、お祭りといった正統派から、待ってましたのお笑いネタまで、いろいろな想像力を駆使して神と仏を感じて下さい!(笑)

日曜日までの開催となっております。様々な宗教が入り乱れて並ぶ感じが日本人の性質そのものかもしれませんね!?お見逃しなく!


【こんな記事もあります】