底まで飲もう!

まずは前開催・兒嶌秀憲写真展「時間が溶ける 記憶の前後が辻褄をなくす」が日曜日で無事に終了いたしました。会期中はたいへん沢山のご来場を頂き、まことにありがとうございました~!

35mmフィルム1コマを左右半分ずつ撮影できるカメラを用いて、2枚1組で写し撮られた夜の風景。そこには夜の徘徊で遭遇したモノたちの順序が、ある時は意図的に、ある時は偶発的に残ります。

その順序は果たして記憶と呼応するのでしょうか?事実と真実は裏表の関係なのでしょうか?写すべきものをストロボで浮かび上がらせ、不要なものは夜の闇へ沈める・・・考え込むほどに後味がジワジワと濃くなる素晴らしい作品でした。

また来年も兒嶌さんをお招きしての個展開催を計画しております。みなさま、 兒嶌さんの新作にご期待のほど、よろしくお願い致します~!

さて本日から「ビールのある風景」が始まります。2015年「ラーメン展」から始まり、カレー、ギョーザと続いた「食べ物シリーズ」も遂にファイナルです!

真夏の開催にピッタリの「ビール」がテーマということで、写真展を見た帰りにグビッと一軒、ついつい寄りたくなってしまいそうな展示風景になりました!

そして飲み物としての写真だけではなく、風景として「これもビールだね!」という作品もあり、ビールというモチーフの汎用性と奥深さを感じさせます!

また8月3日(土)は19時半からギャラリーでビールパーティーも開催しますので、呑兵衛の皆様必ずご出席を!飲まない方も「写真のビール」をお見逃しなく~!

【こんな記事もあります】