まだ、言葉とは離れた場所に在る
Date : 2017/10/11 Wed

まずは前開催・とshi写真展「マイコレクション」が
日曜日で無事に終了致しました。
ご来場頂いた皆様、まことにありがとうございました。

何事も無さそうな町の一角をポツンと撮ったコレクション。
しかし何故か惹き付けられてしまう魅力の正体は何なのか?
その言葉を探すという立ち位置で始まったこの個展。

「これは撮る!」と納得する風景もあれば、
「え?何を撮ってるの?」と首を傾げる風景まで、
通常の公募展でこのニュアンスの写真が
1枚だけ展示してあっても素通りしてしまいそうですが
それが束で並ぶと思わず何かを考えずにはいられません。

ご来場頂いた皆様も、思わずこの写真の中に入り込んでしまい、
1枚1枚じっくりと見入っている様子が
とても印象的な展示風景だったと思います。

漠然と探していた言葉は見つかったのか?
いや、言葉にする必要はそもそもなかったのかも?
作者の今回の個展を通した答えは後者だったようです。
探し続けるからこそ作り続ける事ができるのだと思います。
皆様も、とshiさんの今後の作品にご期待下さい!


20171011-1.jpg

さて本日から秋の個展ロード第2弾が始まります。
テクマク写真展・インストゥルメンタル [ instrumental ]

20171011-2.jpg

インストゥルメンタルとは歌唱を伴わない音楽のこと。
音楽は言葉と出会う事で歌になりメッセージを伝えます。

20171011-3.jpg

今回の展示の写真たちは、まだ言葉とは離れた場所に在り、
人の目に触れるその出番を待つ伴奏のようなものです。

20171011-4.jpg

作者は平日は午後2時以降、土日は終日在廊予定です。
みなさまのご来場をお待ちしております!
展覧会のこと
選りすぐりのコレクション
Date : 2017/10/04 Wed

まずは前開催「ナツいろ●12」が
日曜日で無事に終了致しました。
ご来場頂いた皆様ありがとうございました。

今までで一番遅い時期の開催となった12回目。
朝晩どころか昼間もすでに秋の気配が漂うなかで
いつにもまして季節感という意味での「夏」よりも
観念として漂う「ナツ」といった作品が集まり、
新展開な感じの展示風景になりました。

しかしそれでも消えない「夏の気配」が各作品にあり、
「季節の景色」という概念の奥深さも
改めて考えさせてくれるキッカケになったと思います。

来年はどんなナツいろになるんでしょうか?
夏を伝えるのか?ナツを考えるのか?
まだ出展したことがない方は
ぜひチャレンジしてみてください〜!


さて今週から秋の個展ロードが始まります。
年末開催まで1度も途切れず11週間連続ずっと個展です!
公募展でお馴染みの面々がズラリと揃って
これは毎週見逃せませんよ!内容の面白さも保証します!


20171004-1.jpg

そのトップバッターとなる個展が本日スタート!
とshi写真「マイコレクション」を日曜日まで開催します。

20171004-2.jpg

とshiさんは地元・三重県名張市の市街地を撮り続けています。
今回は名張を中心に奈良や大阪などで集めた28枚を展示します。

20171004-3.jpg

美しくもなく決定的でもなく、物語が始まりそうでもない風景。
しかしそれでも目を離せない魅力は何なのか?まだ言葉になりません。

20171004-4.jpg

作者は土日に在廊予定です。写真集と展示写真販売もあります。
選りすぐりのコレクション、是非ご覧ください!
展覧会のこと
夏に見えないナツも夏
Date : 2017/09/27 Wed

まずは前開催「幻燈機写真展●其ノ四」が
日曜日で無事終了いたしました。
会期中はたくさんのご来場をいただき
まことにありがとうございました。

10年ぶりの開催となった4回目の上映会。
時代は進んで、ポジフィルムを使ったことがない方はもちろん、
ポジフィルムの存在自体を知らないという方もありました。
そういった方々に鮮明で巨大な写真を鑑賞できる驚きを体験頂き、
それだけでも開催した意義が大いにあったと思います。

また、たくさんの人と一緒に鑑賞できる会場風景は、
投影役の人を交代しあいながら、作者の話しを聞きながら、
来場者同士で話しが盛り上がりながら、などなど、
まさにスライドショウという形で進んでいき、
なんと最終日の終了時は場内満員のお客様でお楽しみ頂きました!

OSAKA FILM PHOTO WALKの翌週ということもあっての
幻燈機写真展復活という企画でしたが、
ポジフィルムで新しい写真が撮れるうちに、
もう1度か2度は開催したいと思いますので
みなさんもぜひ、ポジフィルムで撮ってみてくださいね!


20170927-1.jpg

さて、本日から毎年恒例の「ナツいろ●12」が始まります。
今年はナツいろ史上もっとも遅い開催時期になりました。

20170927-2.jpg

今年は15名の作品が集まりましたが
こちらもナツいろ史上もっとも「ナツ」っぽくない不思議な夏!

20170927-3.jpg

けれどやっぱり夏の写真なんですよね・・・奥深い・・・
季節感というモノとはちょっと違った「ナツ」になっています。

20170927-4.jpg

あなたの夏はどんな「ナツ」でしたか?
みなさまのご来場をお待ちしております〜!
展覧会のこと
フィルムに光を通すこと
Date : 2017/09/20 Wed

まずは前開催「OSAKA FILM PHOTO WALK 2017」が
日曜日で無事に終了いたしました。
会期中はたくさんのご来場を頂き、まことにありがとうございます!

75名の出展者が抽選で5つのギャラリーに分かれ、
アビィでは12名が展示しましたが、
なんとそのうち10名がモノクロ作品!

逆に他の会場はカラー作品が目立つほど、
モノクロ作品がアビィに集結して
なんだか違うギャラリーへ来たみたいでしたね。

お店プリント、暗室手焼きから、古典印画法まで
様々なモノクロ表現の勉強ができそうな会場風景は
フォトウォークならではの賑わいになりました。

出展者全体でも半分ぐらいの方が新規の参加ということで
この展示が写真表現の道へ進むキッカケになれば嬉しいです。
気になる方は今後の募集情報を是非チェックしてくださいね!


20170920-1.jpg

さて本日から「幻燈機写真展●其ノ四」が始まります。
初めて聞いたという方も多いと思いますが何故か4回目?
そうなんです、これって10年ぶりに復活した企画なんです!

20170920-2.jpg

自分で1枚1枚、スライドマウントを切り替えて鑑賞するという、
アビィ創設当初に大好評だった展覧会です。
久々となる今回は11名から110枚の写真が集まりました。

20170920-3.jpg

ポジフィルムでの写真表現を知らない人が増えている昨今。
まだポジで新しい写真が撮れる今のうちにと開催を決めました!
小さな映写機でドーンと大きく映して写真を見るのもナカナカ面白いですよ!

20170920-4.jpg

日曜日までの開催となっております。
場内は照明を消していますので、いっけん臨時休業っぽいですが
ちゃんと開いてますので、お気軽にお入りください〜!
皆様のご来場をお待ちしております!
展覧会のこと
飛び出せ!フォトウォ−ク!
Date : 2017/09/12 Tue

まずは前開催「写真の印象、展3」が
日曜日で無事に終了致しました。

恒例の人気企画!第3弾となる今回は、
前後のシーンが想像できない変化球的な写真が揃ったこともあり、
なかなかタイトル付けが難しい感じとなりました。
最終的に集まったタイトルの数は前回よりも少なめでしたが
それでも350個以上の様々な言葉が並んでよかったです。

撮る人の主観があり、観る人にも主観があり、
当然ながらそこに何らかのギャップが生じます。
それを知ることが展示をすることの大きな意義かもしれませんね。

ということで半年おきに開催してきた印象展ですが、
4回目は1、2年ほど間を空けて開催したいと思います。
「他者にタイトルを問いたい写真」について
皆さんも考えを深めていただけると嬉しいです!


logo3.jpg

さて本日から「OSAKA FILM PHOTO WALK 2017」が始まります。
昨年まで開催の南船場フォトウォークが南船場を飛び出して
大阪市内の各写真ギャラリーへと拡大することになりました。

20170911-1.jpg

全75名の参加者を抽選で5つのギャラリーに割り振り、
ギャラリー・アビィで展示する12名のみなさんのうち、
9名の方はアビィ初出展という作家さんです。

20170911-2.jpg

いつものアビィとはまた違った雰囲気になるのが
フォトウォークの面白いところですね!
今年はモノクロでビシッとキマった作品が多いです。

20170911-3.jpg

好評のスタンプラリー完走記念は今年もバッジとフィルムを差し上げます!
5つのギャラリーを巡って、75名の熱い作品を楽しんでください!

20170911-4.jpg

フィルム写真を熱く感じる6日間!
皆様のご来場をお待ちしております〜!
展覧会のこと