静かに広がり続ける波紋
Date : 2017/12/06 Wed

まずは前開催・tetsuano写真展「まんとなん」が
日曜日で無事に終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。

スナップ写真の巨匠として企画展でもお馴染みのtetsuanoさん。
愛用しているトイデジVQ1015entryを駆使して写し撮ったのは
ペーソスとユーモアの入り交じった複雑な瞬間。
それは心象を感じる風景だったり、
愛すべき見知らぬ人々の姿だったり・・・。

フランス語で「今」を表す「まんとなん」というタイトルどおり
様々な「今」を撮り続ける行為は、自分の心情を映す鏡となって、
最終的に作者自身へと帰着していくのではないかと感じました。

撮るべきだと感じた瞬間にためらわずシャッターを切ること。
その純粋な作業の積み重ねで、ある日のどこかにいた人たちが
確かにこの世界に存在していたという事実が残され、
それは自分自身がこの時代を生きている証明にもなるのです。

tetsuanoさんが撮り続ける「今」が今後どうなっていくのか?
これからの作品にも目が離せないのは間違いありません!
皆さんもtetsuanoさんの次回作にご期待ください!


20171206-1.jpg

さて本日からは大山幸路写真展「波紋のゆくえ」が始まります。
和紙プリントでお馴染みの大山さん。アビィでは2度目の個展です。

20171206-2.jpg

前作「波紋の棲みか」から2年が経ち・・・
静かに広がり続けた「波紋」がシリーズ第2弾として登場します。

20171206-3.jpg

波紋とはこの世の様々な人やモノや事柄が影響しあっている様子のこと。
作者自身もその波紋の1つとなってこの世界を写真に捉えます。

20171206-4.jpg

A3サイズ20枚、もちろんALL和紙プリントでの展示。
日曜日までの開催です。皆様のご来場をお待ちしております!

*作者在廊予定*

土曜・日曜 終日在廊
(土曜は19:30〜21:30に持ち寄り個展パーティーを催します)
展覧会のこと
自己を写し撮る「今」
Date : 2017/11/29 Wed

まずは前開催・野中ひとみ写真展「サイコロキャラメル」が
日曜日で無事に終了いたしました。
会期中たくさんのご来場を頂き、まことにありがとうございます。

初個展後からの2年間、今回の個展に向けてひらすら撮り続け、
選び続けた先に自分が創ることの理由が見えたという野中さん。
3500枚にもおよぶ写真から選んだ32枚は
その心境に至る思考と感情の流れを表したものになりました。

遊ぶでもなく佇む子供達と日常のエアポケットのような光景。
そのプリントをマット無しのジャストサイズでフレームに収め、
隙間なくビッシリと並べた展示風景から滲み出る独特な緊張感と、
「引き立て役」のない「全ての写真が必要不可欠」という強い構成の中に
カラーバランスの崩れた写真を混ぜることで生じる視覚的なギャップ。

この2つが、核心に迫ろうとする鑑賞者の思考を巧みに逸らしながらも、
何かの感情が向かう先を浮かび上がらせる効果になったと思います。
そしてこの思考と感情の向かう先に、次は何が見えるのか・・・
野中さんの今後の取り組みにも是非ご注目頂きたいと思います!


20171129-1.jpg

さて本日からtetsuano写真展「まんとなん」が始まります。
企画グループ展でお馴染み、スナップ写真の巨匠が
昨年のオールスターズ戦・準MVPを受けて4度目の個展開催です。

20171129-2.jpg

今回も愛用のトイデジタルカメラ「VQ1015entry」を駆使し
街角で出会った様々な光景に向けてシャッターを切りました。

20171129-3.jpg

「まんとなん」とはフランス語(maintenant)で「今」という意味。
自己の心を写し撮る「今」についての試みです。

20171129-4.jpg

ユーモラスで何だか切ない45枚。楽しんだり驚いたりして下さい!
日曜日までの開催です。みなさまのご来場をお待ちしております!

*作者在廊予定
金曜 18時ごろから(未定)
土曜 13:30〜19:30
日曜 13:30〜19:30(夕方頃からの可能性もあり)

土曜は19:30〜21:30に持ち寄り個展パーティーを催します。
展覧会のこと
この手に掴んで、放す
Date : 2017/11/22 Wed

まずは前開催・平井裕士写真展「Life〜あなたの隣にいること〜」が
日曜日で無事に終了いたしました。
会期中はたくさんのご来場を頂き、ありがとうございました。

昨年のオールスターズ戦優勝を受けての2度目の個展でしたが、
敢えて2年前の初個展と全く同じタイトル・同じテーマでの構成で挑み、
今回も平井さん独特の距離感がいっぱいの個展になりました。

祖父から譲り受けたシャッタースピードの壊れた一眼レフを使い、
愛する人の隣でそっと写し撮った20枚の光景。
ゆるやかに進む季節の風景を挟みながら、
何とも言えない温かさを運んでくるような展示でしたね。

2年前、昨年、今年と、日々は何も変わらないようでいて、
しかし長い年月を経て見返したときに気付く変化への期待を
そっと未来に託して送り出すような作品だったと思います。

そしてこの個展直前にはお子さんも誕生し、
夫婦二人きりだった世界にも賑やかな変化が訪れたようです。
次回はどんな距離感でカメラを構えるのでしょうか?
平井さんの今後の作品にもご期待ください!


20171122-1.jpg

さて本日から野中ひとみ写真展「サイコロキャラメル」が始まります。
今回2度目の個展となる野中さんは2013年オールスターズ準々MVP!

20171122-2.jpg

日常のエアポケットのような光景と、遊ぶでもなく佇む子供たち・・・
過去2年間に渡り撮影した写真の中から選んだ32枚の展示です。

20171122-3.jpg

この不可解な感情の集まりは何を表すのでしょう?
握りしめたサイコロキャラメルを手から放つのはいつなのか?

20171122-4.jpg

無邪気なようでいて、何故かザワザワする気配が漂います。
日曜日までの開催です。お見逃しなく!

*作者在廊予定*
22日(水)18:00〜19:30
23日(木・祝)12:00〜19:30
24日(金)18:00〜19:30
23日(土)12:00〜19:30
23日(日)12:00〜19:30
展覧会のこと
愛する人の隣で、そっと撮る
Date : 2017/11/15 Wed

まずは前開催・ハル写真展「ささやき」が
日曜日で無事に終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、まことにありがとうございます。

山間の集落で暮らす日々で出会った20枚の光景は
そのほとんどが作者の自宅近くで撮影されたもの。
巧みに写し撮った四季の風景を穏やかな気配と共に並べ、
ギャラリーにゆったりとした時間の流れが生まれました。

また、35mm一眼レフとトイカメラHOLGAの写真を混ぜたことで
「写り方の違い」というギャップが生じ、
それが憧憬やノスタルジィという言葉だけでは言い表せない、
過去と現在の不思議な繋がりを与えているようにも感じました。

そう考えると今回の作品は、この地で脈々と受け継がれてきた、
「時間の積み重なり」そのものを撮ったと言えるのかもしれません。
そして作者自身もやがてこの地の歴史の一部となっていくのです・・。
今後もハルさんの作品に、大いに注目していきたいと思います。


20171115-1.jpg

さて本日からは昨年のオールズターズ戦MVPである
平井裕士さんの個展がついに始まります!

20171115-2.jpg

個展のタイトルは「Life〜あなたの隣にいること〜」
実は2年前に開催した初個展と全く同じタイトルなんです。

20171115-3.jpg

もちろん被写体も前回と同じく奥様の姿。
なんと展示写真20枚中、16枚が奥様を撮った写真。

20171115-4.jpg

愛する人の隣でそっと写し撮った様々な光景をお楽しみください。
日曜日までの開催です。皆様のご来場をお待ちしております!


※作者在廊予定※

>15日(水)12:00〜17:00頃まで

>18日(土)12:00〜19:30まで
 *持ち寄り制にて個展パーティー開催(19:30〜21:30)

>19日(日)12:00〜19:30まで
展覧会のこと
丁寧な暮らしを丁寧に残す
Date : 2017/11/08 Wed

まずは前開催・生熊章浩写真展「都市図形」が
日曜日で無事に終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、まことにありがとうございます。

昨年のオールスターズ戦で準々MVP受賞を受けての初個展は
生熊さんお得意の建築物外壁をモノクロ撮影したシリーズ!
たくさんの写真から選りすぐった「図形」16枚をB1サイズで展示し、
みなさん待望の「でかフォト個展」を実現してくれました。

直線や曲線、壁面のうねりの1つ1つに目を凝らしていると、
モノクロの迷宮に降り立ったような不思議な気分を感じます。
そして精密な大判プリントが異様なまでの迫力を生み出し、
マット紙の乾いた黒の質感も無機質な美をさらに引き立てて、
ギャラリーの壁面に現れた「図形の都市」に
見事な説得力を与えることが出来ていたと感じます。

今後の新作への構想もすでに描いているという生熊さん。
こんどはどんな世界を見せてくれるでしょうか。
皆さんも生熊さんの次回作にご期待ください!


20171108-1.jpg

さて本日からはハル写真展「ささやき」を開催します。
今年からアビィで展示頂いているハルさん。アビィでは初の個展開催です。

20171108-2.jpg

数年前に大阪の都心部から地方へ移住したハルさん。
田舎暮らしの日々で出会った風景を写真に収めました。

20171108-3.jpg

2Lサイズで20枚。淡い雰囲気のプリントが心地よく、
写されているモチーフたちがそっと何かをささやきかけてきます。

20171108-4.jpg

丁寧な暮らしを丁寧に残す美しさをご覧ください。
日曜日までの開催です。皆様のご来場をお待ちしております〜!

*作者在廊予定*
平日12:00〜17:00頃まで
土日12:00〜19:30まで
展覧会のこと