それ作・ギャラリートーク実施!

去る5月26日18時から19時半までギャラリートークを実施致しました。これまでも搬出時の作家トークは毎週行っていますが、営業時間中に枠を設けてのトークイベントは、アビィ主催の展覧会では初の試みです。

あまり細かいことは決めず、予約不要、聴講自由ということで、何名集まるか全然わからない感じでしたが、始まった段階では10名ほど、最終的に20名ほどの方にお集り頂き、狭いアビィがチョー満員で息苦しかったかもしれませんが(汗)たいへん意義のある時間になったと思います。

このような場で改めて自分の作品について話す機会が少なかった作家さんも多く、そんな何分間も話せるかな・・という方もいましたが、始まってしまえば結構みなさん話しも膨らんで、最終的には終了予定をけっこうオーバー。イベント終了後も、作家さんと来場者さんを交えてそれぞれ思い思いに話しが続きました。

作品の前で作者が語りすぎるのは観る者の思考を止めてしまうという考え方も当然ありますが、自分の作品について「話さない」のと「話せない」のとでは、まったく意味が異なります。

作品のことを人に話す過程で、自分の中でまだ曖昧だった部分が補強され、「伝わった伝わらなかった」という自己採点に終始せず、自分の作品を作者自身がもっと自由に考え、新しい観点を得られる機会になるのではないかと感じます。

というわけで、イベント終わりに居酒屋で乾杯!打ち上げにもたくさんの方に残って頂き、今度は逆にいっさい写真の話し抜きで(笑)大いに楽しみました!

というわけで、14周年記念特別展示「それぞれの制作2019」は本日から会期折り返しで後半の開催です!34名の作品と記念冊子がお待ちしております!6月2日まで、お見逃し無く!

【こんな記事もあります】